関東

網野善彦「歴史を考えるヒント」からの引用です。

古い時代から、日本列島の東部と西部は異質な社会であったことはよく言われることです。
「フォッサ・マグナを境として、東と西では旧石器時代から文化が異なり、言葉や風俗、習慣も異なっていた」(P32)というのです。

余談ですが、高校生のとき「フォッサ・マグナ」を地理の授業で習いましたが、強烈な印象を受けたのでしょう。言葉だけはしっかり覚えています(笑)

大和朝廷は東の人間を「東夷」と呼んでいました。自分たちとは別だと思っていた証左かもしれません。

時は下り、平将門が天慶の乱を起こし独立国家の様相を示しました。この時の版図が関東八か国と伊豆です。将門は自分の支配下の土地を「坂東」と呼びました。

足柄峠・碓氷峠つまり足柄坂・碓氷坂の東という意味です。

網野さんは、「坂東」を日本国の中心である畿内や京都に視点を置いた呼称であると言います。

8世紀の史料によると「関東」は伊勢の鈴鹿、美濃の不破、越前の愛発(あらち)とう三つの関に東という意味です。
これも日本国中心の大和から見た言葉です。


これが変わるのが鎌倉幕府の成立です。

奥州藤原氏を滅ぼして、東北・中部・関東を直接の統治権が及ぶ範囲とします。その範囲が「東国」と呼ばれるようになります。

これを幕府が自ら「関東」と呼ぶようになります。

網野さん曰く、
「決して畿内からの視点によるのではなく、非常に誇り高く、そう呼ぶようになります」(P38)

「なかば国号のような扱いで使っているのです」(P41)

414DgQcZRUL__SL500_AA300_.jpg


FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード