FC2ブログ

バースデイ・ストーリーズ

皆さんにとって誕生日は嬉しい日ですか?

それとも哀しい日?

そして、年によって色合いが変わりますね。

4124034946.jpg

村上春樹翻訳シリーズ、今年の読書のメインとなっておりますが、今回は「バースデイ・ストーリーズ」

村上さんが誕生日を題材にした短編小説を集めて翻訳し、自らも1篇書下ろししたアンソロジーです。

ここにおさめられた小説はハッピーと言えるものが少ない。英米の作家はへそ曲がりが多いのかな(笑)
まあ、小説というのはハッピーなものは題材にしにくいからな、と勝手に理屈をつけて納得していますが。

小説はフィクションだから事実ではありません。そのことはわかりつつも、実際に小説で書かれたことがおこったらやりきれないなと思う作品もいくつかあります。一方で心温まるものもあり。おいおい、そんな誕生日プレゼントはありかよ、とツッコミを入れたくなものもあり。
すべて含んで、人生様々だなと思いつつ読みました。

収録作品は
「ムーア人」ラッセル・バンクス
「ダンダン」デニス・ジョンソン
「ティモシーの誕生日」ウィリアム・トレヴァー
「バースデイ・ケーキ」ダニエル・ライオンズ
「皮膚のない皇帝」リンダ・セクソン
「ダイス・ゲーム」ポール・セロー
「永遠に頭上に」デイヴィッド・フォスター・ウォレス
「慈悲の天使、怒りの天使」イーサン・ケイニン
「バースデイ・プレゼント」アンドレア・リー
「風呂」レイモンド・カーヴァー
「バースデイ・ガール」村上春樹
図書館で借りたので単行本です。写真は新刊(新書版)の方になっています。

カーヴァー以外は初めて読む作家ばかりです。いろんな題材の取り扱いの仕方や文体の違いなど、バレエティに富んでいて面白かったです。

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

もうすぐ誕生日です。。。
ハッピーエンドは少ないですか。。。

・・・むむむ(^_^;)

我が家では私の誕生日とボーナス日のディナーは
ハンバーグ
と決まってます。σ(^_^;)私の好物なのです

それが阿吽で出てくれば、とってもハッピーエンドなのです(^ ^)

。。もしかして今年は出ないのか・・・
むむむ。。ヤな予感が。。(>_<)

No title

ばばばんさん、こんにちは。

ちょっと早いですけど、誕生日おめでとうございます。


悪い予感は当たるもの・・・

なんちゃったりして(笑)


>それが阿吽で出てくれば<

きっとそうなりますよ!
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード