FC2ブログ

この茄子は 日本史上・・・

一つの話題をズルズルと引っ張るのがこのブログの特徴(?)

この茄子は、日本史上稀なものでなかなかお目にかかれない
茄2
・ ・ ・ なんてことはないよな。

昨日アップした写真の茄子、30㎝超といっても実感がわかないかもしれないと思って、近くにあった新書2冊(只今読書中)を並べてみました。

これで長さが実感できるかな・・・?


写真右上の「ハーバード白熱日本史教室」は、先日書店で目につき、面白そうなので購入した本。半分ほど読めました。

著者の北川智子さんは、1980年生まれの若さでハーバード大学で教鞭をとる女性。しかも大学の専攻は数学と生命科学、卒業後に日本史をやり、しかもハーバードで教えるという珍しいコースを歩んでいます。(おおよそのいきさつは第1章に記されています)

この本の目玉は“Lady Samurai”という新しい概念で日本史を切っていること。

斬新な視点なので、一部に違和感を感じつつ、新鮮さも感じながら読んでいます。
読みながら「頭がぐらぐらする」感覚を味わっています。こういうのって久しぶりなんですね。
既成概念を打ち壊してくれる本という感じがします。これから後半を読みますが、どんな内容でしょうか。残りが楽しみです。

そして、北川さんは「印象派歴史学」というものを提唱しています。
3年間ハーバードで教えながら構築してきたものでしょう。今後教えつつ学びつつ構築しつつ、その成果を著作に表されることを期待しています。
(できれば新書で、年1冊ぐらいのペースが嬉しいな)


次に写真右下の「東大のディープな日本史
新聞の広告で見つけと、ずっと探していたものです。やっと見つけました。

読んでいて驚いたのが、設問のディープさ。
論説問題なんですが、日本史の“なぜ?”が問題になっていて、教科書的な解答や通説による説明を拒否しているのです。もし、ありきたりな解答を書けば、合格点がもらえないでしょう。

それを証明するのが1983年の問題。
「次の文章は、数年前の東京大学入学試験における、日本史の設問の一部と、その際、受験生が書いた答案の一例である。当時、日本史を受験した多くのものが、これを同じような答案を提出したが、採点にあたっては、低い点しか与えられなかった。~」

どうです。

こんなのが入試問題とはね。

この本では古代から順に、入試問題と著者(東進ハイスクール講師 相澤理)による解説と解答例で構成したあります。
どこからでも読めるのですが、とりあえず始めから読んでいます。

それにしても設問がかなりハイレベル。18歳にこれが解ける子がいるのだろうかと思ってしまいます。
でもそれなりの答案を書くんでしょうね。

僕がもし18歳の時に、東大を受験して日本史を選択したらどうなるか。間違いなく白紙解答でしょう(笑)

今でも制限時間内に答案作成しろと言われても、かなり厳しい(悲)

日本史大好き人間の僕としてはかなり屈辱的。


何としても制覇してやる。

ふつふつとした思いが沸いているのであります。

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

既成概念を打ち壊してくれる本・・・。
そういう本は、大好きです。

「ハーバード白熱日本史教室」も「東大のディープな日本史」も、興味津々です。
本屋さんで探すのが、楽しみです。

長いナスは見たことが有りますが、こんな妙なナスは初めて見ました。
ちょっと得した気分でしょうか(笑

No title

水無月さん、こんにちは。

史実は動かしようがありませんが、それをどう解釈するかで歴史は違う様相を見せてくれますね。
その面白さを知ってから、通説だけでは物足らなくなりました。

だから、そういう類の本を書店や広告欄で見つけるとほしくなるんですね(笑)

「ハーバード~」はハーバードだからできたことで、北川さんが日本の大学にいたら完全に黙殺されているかもしれません。

「東大~」は自分で解答を作っていきたい。東大や京大は別世界のことでしたが、日本史の入試問題だけは現時点で勝負できる領域に入れそうな気がします。

なんとか自力で答案作成してみたい!

中年のオッサンが燃えています(笑)
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード