FC2ブログ

文章のリズムと視覚

忘れかけたころに取り上げます、このテーマ(笑)

村上春樹のいう「文章のリズム」とは何か。

文章にはリズム感やビートが必要と言っています。印象的だし、なるほどそうなのかと思ってしましますが、じゃあ具体的にいうとどういうことなの?と実体とつかもうするとさっぱり見えないし、つかまえることができません。

村上さんの本を読んでいて、「文章のリズム」について言及している箇所がくるとビビッと反応し、線を引いたり付箋を貼ったりします。
当然そこを何度も読み返します。それでも、やっぱりわからない。


まあ、該当箇所を何度も読みつつ外堀を埋めていかないと仕方ないのかなと思っています。近づけるかどうかわからないけど・・・
そこで今日取りあげるのは、視覚という要素について。

「翻訳夜話」にこんなことが書いてありました。
翻訳夜話

目で見るリズムなんです。目で追っているリズム

これは翻訳の具体的作業について述べた箇所です。
しかし、視覚でとらえられたリズムが翻訳にに関してのみ有効なのか、自らの創作作品も含めて言及したものなのかは判然としません。

続きの言葉は
「言葉でしゃべっているときのリズムとスピードと、目で見るときのスピードとは違うのです。
だから、目でリズムを掴まないと、口にだしてたら、いつまでたっても文章のリズムって身につかないような気がします」(P212)


これでひとつ近づけたような気がします。
文章のリズムというと漠然としていますが、あくまで目で見たリズムなんだということがわかりました。
といっても少しばかり輪郭を見ててもらっただけで、相変わらず茫漠としていますが(苦笑)

まあ、ぼちぼち考えていきましょう。


あ、そうそう。この前後の文に、音声的リアリティと文章的・活字的リアリティは違うと書いていました。

これはわかる気がします。
落語や演劇が活字にされたものを読んだことがありますが、全然ダメですね。桂米朝の落語をカセットテープで聞いてよく知っているものを活字で読んでもさっぱり面白くありません。
一つの例証といえると思います。


かなり前に読んだ速読の本にこんなことが書いてあったと思います。
普通の人は、文章を読むとき(黙読するとき)、頭の中でそれが音声化される。

たしかこんな内容でした。

そこから考えると、目で見た文章が脳内で音声化された時のリズムが大切だ。

どうでしょう?
飛躍した考えかな(笑)

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【文章のリズムと視覚】

忘れかけたころに取り上げます、このテーマ(笑)村上春樹のいう「文章のリズム」とは何か。文章にはリズム感やビートが必要と言っています。印象的だし、なるほどそうなのかと思ってしましますが、じゃあ具体的にいうとどういうことなの?と実体とつかもうするとさっぱり...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

文章のリズムは、あくまでも目で見たリズムなんですね。
分かるような、分からないような・・・難しいですね。
私は、目が弱くてパソコンの字を長時間見ていると疲れるのですが、
そのせいか、句読点のない長い文章を読むのも苦手なんです。
よって、私のブログの記事は、句読点だらけです(笑)
切り過ぎは良くないのかもと思うのですが、つい自分が楽な文章になっています。

頭の中でそれが音声化・・・
これはほんとにそうですね。男性の方のブログは、男の人の声が聞こえてきますし、女性の方のブログは、女の人の声が聞こえてきます。そのブログからイメージした声が聞こえてきます。不思議ですね(笑)
ときには、どちらか分からないブログもありますが(笑

No title

水無月さん、こんにちは。

>私のブログの記事は、句読点だらけです<
それは僕も同じです。

紙面で文章を読むのと、PCの画面で文章を読むのと、目の疲れ具合は違いますね。
僕はPCにかなり疲れを覚えます。

ブログを読まれる方も僕と同じであろうと勝手に決めつけて、画面上読みやすいようにしています。つまり行間をあけるようにしているのです。

そういう点でいろんなブロガーさんの文章を考えると、文字のつまり具合やら改行の扱い、行間のあけかたなど、それぞれに特徴がありますね。


>男性の方のブログは、男の人の声が聞こえてきますし、女性の方のブログは、女の人の声が聞こえてきます<
へ~、そうなんですか!

僕はそのあたりの感性が鈍いので、わからないんです(悲)
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード