FC2ブログ

7年

2002年12月12日、我が吹奏楽団に初めて練習に行った日。

あれから7年になる。


その年の11月(12月の始めだったかもしれない)、高校の大先輩Sさんから「今度の定演で指揮者がやめるから、新しい指揮者を探している。やってくれないか」と頼まれた。
僕は高校卒業後、吹奏楽の現場から離れて○○年たっていた。あまりのブランクの長さに躊躇するが、結局引き受けることにした。

そして7年前の今日、初練習に行く。(この時の事を思い出すとやや感傷的になる)
その当時のメンバーからすれば初々しい中年のおっさんに見えたかもしれない。
それが今は大きな顔してのさばっている(苦笑)

はたしてこんな者が指揮者でいいの?と思うときがある。
高木善之著「オーケストラ指揮法」を読み、ブログのネタにと思い1回目を書き、2回目予定していた「指揮者の資格」のところではたと止まった。書こうとする内容を自分に置き換えた時、資格のない物が指揮者をやっているという現実を突きつけられたのだ。(今まで最大の弱点と思っていたところも含めて)

そんな指揮者のいる吹奏楽団は不幸だなと思う。メンバーはかわいそうだとも・・・

適任者が現れればいつでも交替しようと思う。
でも、その日がくるまで責任は果たさなければならない。

「必死」とか「一生懸命」というレベルには届かないが、スコアを読み、曲の作り方を考え、練習の仕方を工夫していこうと思う。これは楽しいことなので、一切苦にならない。
また、ここはこう振ってやろうと思いつつ、一人悦に入りながら踊るのが楽しい。(家で誰の目にも届かないところでやっています。人の目に触れると変質者に思われますから)

そんなような日々が今日も、そして明日からも続く。
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

これからも

もう七年になるんですね\(^O^)/

今でもあの日のことをしっかりと覚えています(*^□^*)


めっちゃ楽しかったんです(o^o^o)

よんちゃんがいてくれるからこそ、今の楽団があるのです。
よんちゃんがいない楽団はありえません。
いろんなことがあって、少しゆっくりしたいなぁと思っておられるでしょうが、団員はよんちゃんを頼りきっていますので、まだまだお世話になりますよ(*^□^*)


これからもよろしくおねがいしますo(^-^)o

こちらこそ

ようかんやさん、こんにちは。

そうなんですよ。
あの狭く暗い練習会場、しかもわびしい人数が僕のスタートラインです。
それから7年経つんですよ。

今は人が増え、活気にあふれています。嬉しい限りです。

でも、あの日のことは忘れてはいけないな、という気持ちもあります。

今後どれだけできるかわかりませんが、よろしくお願いします。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード