FC2ブログ

鉄砲

突飛なことを書きます。

イランの核開発問題で、欧米諸国が経済制裁をしておさえこもうとしています。
それはイランが核兵器を持つを困るから。政治的軍事的均衡が崩れるから。そういうとらえ方をしています。

ここで思ったのが、それほどに核兵器の存在は大きいこと。

軍事について勉強したことがないから、頓珍漢なことを書きます(笑)
兵器って何を基準に評価されるのでしょうか?
攻撃用と防御用では評価基準が違いますね。攻撃用、しかも爆弾なら「殺傷能力」と「破壊能力」でしょうか?

それでいくと、核爆弾とそれ以外の爆弾は格段の差がありますね。1945年時点で、一つの原爆で一都市が木端微塵になりました。今、核保有国が持つ爆弾はそれ以上のものがあると考えられます。
怖ろしいばかりの「殺傷能力」と「破壊能力」のある兵器を持つか持たないかで、国際政治におけるパワーゲームの力関係が変わってくると思います。

なんたって国際政治は正論や理想論では動きませんからね。経済力だったり軍事力が大きくものをいうと思います。


そこで、ふと思ったのが、日本の戦国時代における“鉄砲”の位置です。
1543年に種子島に鉄砲が伝来しましたが、その後戦国大名に兵器として取り入れられていきます。

鉄砲といっても“火縄銃”ですが、“弓”と比べてどうなんでしょう?
「殺傷能力」という点でいくと格段に上がっているように思われます。(たぶん・・・) 「破壊能力」、これはないでしょう。大砲になると両方ありますね。

鉄砲の導入で、一合戦あたりの死傷者数が増えたでしょうか?(専門家でこんな研究をしている人がいますかね?)
僕にはかわかりませんが、増えただろう、と根拠なしに思います。



強引に結論らしきところへ持っていきますよ(笑)

鉄砲を持つことの周辺への影響と、核兵器を持つことの影響に、わずかでも似たところがあると思えたのです。

・相手に与える脅威は“核兵器”も“鉄砲”も大きい。
敵対関係にある隣の戦国大名が、自分のところと比べてたくさんの鉄砲を持っていると、恐怖を感じたのではないか? それに対抗して、鉄砲を持とうとした。
これは、戦国版軍拡競争かもしれません。

・戦いのやり方を変えた

・軍の編成を変えた

・予算配分を変えた
戦国大名に予算というものがあるかどうか、そういう概念を持っていたかどうかはわかりません。しかし、お金の使い方は考えていたはずです。


以上、思いつきを書いてみました(笑)

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

卑弥呼は魏に見下されないために巨大な前方後円墳を作ったと言う説があります。魏の使者がきた時に「私たちはこんなすごいものを作れるクニなんですよ」と見せると言う。

聖徳太子は隋に認めてもらうために憲法を作りました。
「倭国は『和を以って貴しと為す』国です」
と高らかに宣言したという。

琉球では諍いが起こったら「どちらの踊りが上手いか」で解決を図ったと言う。

。。。「武器」って何なんでしょうね?(^_^;)

武器とは

ばばばんさん、こんにちは。

思ってもみない切り口からのコメントですね。

核が鉄砲へと発想が飛びましたが、それがまた歴史やその地の習俗へ飛ぶという・・・
なにやら連想ゲーム風で、一つのキーワード(今回のキーワードは「武器」または「対抗手段」ですが・・・)でいろいろとイメージや話が広がるのは楽しいですね。


ばばばんさんのコメントで頭の中に何かが生まれました。これを数日寝かしておくと、いろんなアイデアが出てきそうな予感がします。これでいくつかのブログ記事が書けると嬉しい。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード