勢力均衡

イランの核開発に対し、EUの外相理事会でイラン産原油の禁輸を決めました。

このニュースを読んで思い浮かんだのが「翔ぶが如く」の一節。

「列強の外交原理は

勢力均衡バランス・オブ・パワー)』

というもであることを、川路利良はわずかな期間ながらヨーロッパを歩いてみて膚(はだ)で知った。

かれらの外交感覚は体質的に現状維持を好む」 (第1巻P102)


核開発のことを聞くと、日本人はどう感じるのでしょう?
これに関する調査があったか知らず、あっても結果を知らないので、勝手に推量します。唯一の被爆国であることから、核開発には感情的な反応が多かったり、倫理的な意見が多いのではないかと思います。
それに対し、日本の政治家や国家官僚はどうなんでしょう?

先日「翔ぶが如く」のこの一節を読んだばかりだったで、欧米の政府の考え方は日本人と違うと思いました。

原油禁輸という制裁カードを切ることで、これ以上を核開発を進めないようにしようという表面の理由は同じでも、その裏では日本人の感覚と欧米の政治家は違ったことを考えていると思ったのです。

日本人は、“核=悪”という図式で「核は駄目。してはいけない」という善悪論だったり、感情論で考える人が多いような気がします。

しかし、欧米の政治家はそんなことは思っていない。
イランが核を持つと勢力均衡が崩れるから、開発を進めさせてはいけない。イランが核兵器を保有すると、世界の核バランスが崩れるから、そうならないようにしなければならない。つまり現状維持するために有効な手立てをうたなければならない。
そんな考えて動いているような気がしました。

司馬さんのいう「列強の外交原理」だと思います。
ここでいう列強は、幕末から明治初期の頃の欧米列強です。あれから100年以上もたち、帝国主義の時代は終わりましたが、外交原理そのものは変わっていないような気がします。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

欧米の、白人種だけが優良民族なんだという
考えは昔も今も変わらないと思います。
イスラム教を信じる野蛮な民族に核なんて、
「キチガイに刃物」の感覚なんでしょう。

日本は、何も反対の根拠なんて無いですよね。
唯一の被爆国が、利権屋にもてあそばれて、
またひどいヤケドを負った、こっけいな民族ですから。

こんばんは

鋭い指摘ですね!
欧米が現状維持を好むのは今自分たちが有利な状況にあるからなのではないかと思います。ただ、日本の立場からしても現状維持が好ましいのではないかと思えます。政治的にも技術的にも成熟していない国が核を保有することに私は反対です。北朝鮮や中国もしかりです。

見えてくると

四季歩さん、こんにちは。

欧米の人々の本音と建前を知っていくと、いろいろなものが見えてくるんでしょうね。
世界を表で動かすものと、裏で動かすものと見えてくれば面白いでしょうね。

そうなってくると日本政府の不甲斐なさがよくわかって、哀しくなるかもしれませんね。

No title

kurt2 さん、こんにちは。

>鋭い指摘ですね<
恐れ入ります。国際政治にくわしい人が読めば、鼻先で笑われるような文章ですが・・・

まあ、評論文を書いて発表するわけではなく、ブログで気楽に書いているわけですから、幼稚な文でもアップすることができます(笑)

>政治的にも技術的にも成熟していない国が核を保有することに私は反対です<
まさにそうですね!

核兵器を保有することは、軍事的な意味合いの他に政治的な意味合いが濃いと思います。
国際政治のパワーゲームには核のもつ力は大きいような気がします。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード