この人はそれをやらないわけにはいかないのだ

22日天皇皇后両陛下は水戸室内管弦楽団のコンサート(小澤征爾 指揮)を鑑賞されました。

小澤さんは健康不良で、曲順を入れ替えて後半1曲だけを指揮しました。
このニュースを読んで、まだ体力が戻っていないんだ、大丈夫かなと思いました。

昨年のサイトウ・キネン・フェスティバルでも体調不良でキャンセルをいくつかしています。NHKのドキュメンタリー番組「執念」で、その様子をうかがうことができましたが、体力の限界あたりで指揮しているのを見ると、まさに命削ってやっている姿に怖ろしささえ感じました。

しっかり静養して、もっと体力が戻ってからすればいいのにと思いますが、小澤さん本人はそうしようとしません。これについてあれこれ思っていると、村上春樹の言葉が浮かんできました。

「小澤征爾さんと、音楽について話をする 小澤征爾×村上春樹」
9784103534280.jpg
の「始めに―小澤征爾さんと過ごした午後のひととき」に

この人はそれをやらないわけにはいかないのだ

と書いています。

21~23ページにある文の一節です。
僕がよくする一部引用でつなげてもいいのですが、そうすると月並みなものになるし、かといって全部引用しるのも長い。(3ページをまるまる引用するのも、著作権的にはヤバいような気がします)
なので、あえて一節だけの引用にとどめます。


2010年11月から翌年7月まで、村上さんはじかに見ることがありました。
その間の小澤さんの活動に対して、周囲(医師、家族、友人など)は止めました。しかし、小澤さんはやりました。
この姿をみて「この人はそれをやらないわけにはいかない」、そういう人なんだと実感したというのです。
これは生で接しないと感じないことでしょうね。


個人的なことを言いますが、
中学生のとき、音楽の先生から勧められて「オーケストラがやってきた」を見ました。山本直純さんが司会をしていて、小澤さんはその番組にに何回も出演しました。僕はそのときからの小澤ファンです。
 → ファン歴は長い。

高校で指揮者をするようになって手本にしたのが、小澤さんやカラヤンです。
 → 指揮の師匠です。

だから、無理せずに末永く指揮活動をしてほしい。
しかし、無理して限界ギリギリのところを走り続けるでしょうね。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。

私も小澤征爾さんのファンです。
いつだったか・・・小澤さんの本を読んだ時からです。
ファンとしては しっかり療養して
いつまでも 末永く活躍されることを願っています。

すごい人ですよね

私のクラシック歴は3年になろうか、というくらいです。
娘が二人いて、ピアノを習っていたので、それまでも
全然聴かないという訳ではなかったですが。

ですが、小澤歴は長いですよ。
彼が、スクーターでヨーロッパを放浪していて、
何かのコンクールで優勝して、タングルウッドを
訪ねていく、というドキュメンタリーを見てからですね。
すごい人が居るな、とそれからニュースとかドキュメンタリー
が流れると、録画してコレクションしてました。

この本、まだ読んでなかったので、読みます。

どうして、日本のセンセ方は、小澤さんを評価しないのか、
不思議です。

だから。。

あのレベル・世界観に到達できるんでしょうね。
命や魂は削るものか込めるものか。。
はたまたイコールなのか。。
考えさせられます。
でも、永く存在していて欲しい。
複雑ですがそう思います。

No title

ひのあたるさと さん、こんにちは。

>私も小澤征爾さんのファンです。
いつだったか・・・小澤さんの本を読んだ時からです<
ファンがたくさんおられるのは嬉しいことです。

小澤さんの本はいろいろ出ていますね。本人が書いたものや他人が小澤さんについてかいたものや。それらすべてを読んだわけではありませんが、それでも半分くらいいっているかな・・・?


コンサートがキャンセルになったというニュースを聞くたびに心配になりますね。

小澤さん

四季歩さん、こんにちは。

>ニュースとかドキュメンタリー が流れると、録画してコレクションしてました<
僕もドキュメンタリーがあると録画していました。ただ、地デジ化で機器を買い替えたため、録画してあったビデオテープが見れなくなりました(涙)
これがすごく惜しいです。

>どうして、日本のセンセ方は、小澤さんを評価しないのか、不思議です<
評論家諸氏はその傾向があるようですね。
昨年だったか一昨年だったか忘れましたが、音楽雑誌に小澤さんに対する評論家と一般愛好者のアンケート結果がでていました。見事なほど評価が割れていましたね。
一般のクラシック愛好者には小澤さんに対する評価は高いです。

村上春樹との対談本はおもしろいですよ!
お勧めです。

評する人

ばばばんさん、こんにちは。

昨日コメントを書こうとして、ハタと考え込んでしまいました。

ばばばんさんのコメントによって、あれやこれやと思いが広がってしまい収集がつかなくなりましたが、とりあえず一ヶ所に落ち着いたので、それを書きます。

突飛な話になりますが、
坂本竜馬が西郷隆盛を「あれは洪(おお)いなる鐘のような男だ」と評しました。
それを聞いた勝海舟は「評する人も人。評される人も人」と感心したそうです。

僕が思うに、村上春樹の「この人はそれをやらないわけにはいかない」という言葉は、一流の人が一流の人の生きざまを生で感じ取って出てきたものだと思います。


すみません、ピントはずれの返事で(悲)
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード