FC2ブログ

天使と悪魔 上

今年読んだ本の1冊目は、ダン・ブラウンの「天使と悪魔 上巻」です。

先日記事にした「村上朝日堂~」は昨年末に読んだ本です。
忙しくて文章化する時間がなかったのと、予定していた記事の谷間にうまく入れることができなかったから。
これ言い訳です(苦笑)

正月は読書の時間が結構とれたので、数冊併読してそれなりに読めました。どれが今年の1冊目になるのかなと楽しみにしていましたが、「天使と悪魔」が1位のテープを切りました。これは、読みだすと止まらない面白さのせいでしょう。

「ダ・ヴィンチ・コード」も読みだすと止まりませんでしたが、この作品もそうです。

本来なら上・中・下の3冊を読み終えてからブックレビューといきたいところですが、記念すべき1位は上巻単独でも上げておくべきでしょう。

(・・・ん? なに? 上・中・下で1冊扱いにしろってか。 まあ、そうだけど・・・、年間読破数を1つでも伸ばしたいから、せこい手を使うのよ。ハッハッハッ)

200301000482.jpg

「天使と悪魔」は昨秋購入しました。TVで映画をやっているのを番組表で見つけ、無性に読みたくなりました。そのTVで後半だけ見ました。原作読んでからじゃないと意味が分からないはずだから、見ないでおこうと思ったのですが、少しばかり誘惑に負けました。

原作が有名な小説の場合、まずは原作を先に読む主義をとっています。映画を見た後では、そのイメージが大きくなりすぎて小説を読むのを邪魔するからです。
上巻の内容は、見てしまった映画の後半とダブりませんが、やはり影響は大きい。ラングドン博士はトム・ハンクスになってしまっているのです。そこからなかなか逃れられません(苦笑)


あらすじは書きません。イルミナティとローマ・カトリックに関する話とだけ言っておきます。

wikiによれば、イルミナティ(Illuminati)は、現実の歴史、およびフィクションに登場する秘密結社の名称で、啓蒙、開化を意味するラテン語で、近世以降、この名前で呼ばれた秘密結社はいくつもある。グノーシス的要素やテンプル騎士団、シオン修道会、アサシン、フリーメイソンとの関連等を持つとされるそうです。

「ダ・ヴィンチ・コード」と同様、ヨーロッパ史やキリスト教史に関心のあって、高校の世界史の教科書レベルの知識がそこそこある方には、たまらないほどの知的刺激が与えられるでしょう。
ただこの分野に精通されている方にはどうなんでしょう? これは嘘だろうとツッコミを入れたくなったり、逆にうまく作っているなと感心されるかもしれません。

僕は世界史はイマイチなので、もっと知識があればなァと思って読んでいますが、そんなのがなくても十分に面白いです。夜に読みだすと夜中まで読んでいます。おかげで翌朝がつらい(苦笑)

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

わたしも、ダン・ブラウンの一連の作品が好きです。天使と悪魔も面白かったです。確か、ベルニーニが登場しますよね。この本を読んだ後にローマに行って彼の彫刻を眺めましたが感慨深かったです。天才はすごいです。

ダン・ブラウン

Shushi さん、こんにちは。

御無沙汰しています。

以前のサイトが不通になったのが僕にとっては突然のことで、もうやめられたとばかり思っていました。

ずっと続けておられたのですね。

ダン・ブラウンの作品は、これが2つ目です。ガンガンに知的刺激を与えながら面白く読ませる。凄い作家だと思います。

ベルニーニという名前は今回初めて知りました。作品を生で見てみたいです。

No title

私は、「ダヴィンチ・コード」を読んだあとイタリアに旅行し、
「天使と悪魔」も出たらすぐに飛びついて、イタリアのこと
思い出してました。
ほんとに、読みだしたら止まりませんよね。
下巻になったら、ほんとに止まりませんよ(笑)

また読み返したくなのました。

No title

四季歩さん、こんにちは。

>「ダヴィンチ・コード」を読んだあとイタリアに旅行し<
いいですね。
小説の舞台を実際に見れるなんて素晴らしいことです。

今タイムスリップしてローマに行ってみたいです。
バチカン市国とローマの「天使と悪魔」の舞台になっているところを見てみたいです。

昨夜遅く中巻を読み終えました。明日から下巻です。

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード