FC2ブログ

落合博満「采配」

落合博満は中日監督時代に“俺流”というレッテルを貼られていました。そのイメージで「采配」を読むと肩透かしをくらいます。
落合
落合さんは奇をてらっていたり、突飛な発想をする人ではありません。きわめてオーソドックスな考え方をする人でした。正統的と言っていいんじゃないでしょうか。

そして「采配」はビジネス書としても読めるし、リーダー論としても読めます。読んでいて大いに頷くところがあるし、共感することも多い。この類の書物としても、そこそこのレベルにあると言える気がします。


ここでちょっと考え込んでしまいました。オーソドックスな考え方をする人を“俺流”といって個性派扱いをするのは何故だろうかと。
“野球界の常識は世間の非常識”という言葉があるようですが、これの逆バージョンが当てはまるのかな? つまり“世間の常識は野球界の非常識”

世間の常識的な考え方をする落合さんは、野球界では非常識的な面があると見られる。
あえて過激な言い方をすると、こうなるのでしょうか?


「采配」を読んでいて凄いなと思ったのは、落合さんが監督時代にブレがなかったこと。
考え方が右往左往しなかったという意味ではありません。目標に対して「こう考え、こうする」と決めたことにブレが全然なかったことです。切羽詰まったり、困難な事があったり、あるいは周囲から批判されることがわかっていても、敢然と決断し行動したこと。

目標達成のためには、嫌われることを恐れなかったこと。ここが凄い。口先人間じゃないのです。
それがわかっているから、文章がより説得力を増すのです。


挟み込まれるエピソードがまた興味深い。一つだけ書くと、
ミスター長嶋が監督のとき巨人のユニフォームを着ていましたが、長嶋さんを超悲観的人間とみているのがおもしろいです。一般的には超ポジティブというイメージがありますが、指揮下で戦っていてそういう分析をしていました。


「精神性」というタイトルで、フルトヴェングラーの「運命」を聞いた感想を、司馬氏のアイーダに書きました。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード