FC2ブログ

アメリカについて

先日書いた「米男嫌米女」の続きです。そして今日の記事は「映画の構造分析」(内田樹 著)からの引用がほとんどになります。

前回引用した「アメリカの男はアメリカの女が嫌いである」(P207)や「アメリカの女性嫌悪は20世紀アメリカの病である」(P232)といった言葉は、僕を驚かせきました。それが衝動のようになって記事を書かせました。

今回は、「日本はアメリカとうまく付き合っていかなければならない、そのために知っておいた方がいい」という思いが文章を書かせています。


僕はアメリカのPOPSは好きです。あっけらかんとして、湿り気や暗さや翳りがないのがいいのです。これを逆に言うと“単細胞的”なところが好きということになります。

関連して、我が吹奏楽団の重鎮Sさんは「演奏会のプログラムがアメリカの曲に偏るのはよくない」と言われます。たしか、単細胞的だったり深みがないというのが理由だったと思います(記憶が曖昧)


内田さんは言います。
「アメリカという国の文化には、ヨーロッパのように、一人の人間が『信じかつ信じない』とか『空想的でありかつ現実的である』とか『正義漢でありかつ悪者である』というような重層的な人間的成熟を評価する社会的基盤がありません」(P166)

青字にしたところは、わかったようなわからないような表現ですが、それは横に置いておいて、重層的な人間的成熟というのが大切だと思います。


それからアメリカ人の思考パターンとして
「『アメリカでは・・・である』という事態について、それを厳密な検証手続き抜きで『世界全体では・・・である』というふうに拡大適用すること、これは現代アメリカ人に固有の思考上の『奇習』である」(P210)

また
「“グローバリゼーション”とは、アメリカのローカル・スタンダードを世界標準にしようという価値観の一元化運動のことである」(P211)


他に引用したい言葉がありますが、ここでとどめておきます。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重層的・・・

>「アメリカという国の文化には、ヨーロッパのように、一人の人間が『信じかつ信じない』とか『空想的でありかつ現実的である』とか『正義漢でありかつ悪者である』<

ショスタコをイメージしましたσ(^_^;)

メンデルスゾーンを目指したガシュインもいます。捨てたもんでもないのかな?!とも思います。アメリカは歴史の浅い国ですが、日本の隣国で歴史は深いのに同じ「奇習」が・・・

我々日本はどう見えているのか?気になります(>_<)

No title

ばばばんさん、こんにちは。

>ショスタコをイメージしました<
僕はショスタコービッチをほとんど聞かないのでわかりませんが、そういうイメージですか。なるほど。

>メンデルスゾーンを目指したガシュイン<
これは知りませんでした。
この2人の作曲家が僕の中では全然つながりません(悲)意外な組み合わせです。

アメリカについて内田さんの本からの引用でしましたが、日本については言及されていません。
どうなんでしょう、日本は世界の中では、変な国の部類に入るかもしれません。

書店で、日本は世界で人気があるといった内容の本がいくつか見かけました。まだ読んだことがありません。

いろいろと気にはなります。その類の本を読んで、知識を広げたいですね。

ショスタコとガシュイン(追伸)

ショスタコは「体制批判」で有名ですよね(^_^;)
特に5番なんかは最たるものというイメージがあります。
最終楽章で根底を流れるAの連音は「自分自身だ」と本人も言ってます(>_<) あの時代でいい根性です
どっちかといえば「悪者なのに正義漢」のイメージです(^_^;)

ガシュインは「メンデルスゾーンのような作曲家になりたい!」と子供の頃に宣言して作曲家になってます。
アメリカにおいて、メンデルスゾーンのように庶民に親しみやすい曲を作りたかったらしいです。たしかに、クラシックの基本にジャズの要素を加えたりしたのはガシュインが最初かもしれません。。不明ですが(^_^;)
ちなみにガシュインのネタの出典をバラすと高校の時に授業で習った英語の教科書です。あながちデマではないと思います(^_^;)

ショスタコービッチとガーシュイン

ばばばんさん、こんにちは。

ショスタコービッチとガーシュインは超有名曲だけ、聞いたことがあるかな・・・というぐらいなので、こうして書いていただいたエピソードはすべて初めてのことです。

作曲家のエピソードって、「へ~!」と思わされることが多いですね。

英語の教科書にのるのなら事実なんでしょう。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード