FC2ブログ

見える目で裁くな

古川薫「斜陽に立つ」に福田恒存の文章が引用してありました。
斜陽

長文になりますが引用します。

「近頃、小説の形を借りた歴史読物が流行し、それが俗受けしてゐる様だが、それらはすべて今日の目方見た結果論であるばかりでなく、善悪を一方的に断定してゐるものが多い

が、これほど危険なことは無い。

歴史家が最も自戒せねばならぬ事は過去に対する現在の優位である。
吾々は2つの道を同時に辿る事は出来ない。とすれば、現在に集中する一本の道を現在から見遥(みはる)かし、ああすれば良かつた。かうすれば良かつたと論ずる位、愚かな事は無い。

殊に歴史ともなれば、人々はとかくさういふ誘惑に駆られる。 (略)

当事者はすべて博打を打つていたのである。丁と出るか半と出るか一寸先は闇であつた。それを現在の『見える目』で裁いてはならぬ。

歴史家は当時者と同じ『見えぬ目』を先づ持たねばならない」

これは福田恒存が1970年に書いた「乃木将軍と旅順攻略戦」にある言葉です。歴史好きの僕としては、肝に銘じたい言葉です。
それから、昨日の落合博満の言葉を相通ずるところがありますね。スポーツにしろ歴史にしろ、あまりにも結果論で語られることが多いから。



ところで司馬さんは「坂の上の雲」で、旅順攻略戦に関して伊地知参謀朝や乃木将軍を批判しています。意地悪く読めば“軍神”と崇められていた乃木を意図的に貶め、“愚将”の烙印を押すかのようにみえます。

「坂の上の雲」と「殉死」(僕はまだ読んでいません)の影響力は甚大です。2つの作品を読んだ人の多くは、乃木は愚将であると思ったのではないでしょうか。

古川さんは、乃木希典の汚名をすすぎたい思いで「斜陽に立つ」を書きました。
この本からいくつか書きたいことがありますが、今日はここまでにします。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは
坂の上の雲は読んだことはないのですが、NHKのドラマは見ています。
確かに、前回までの放送では乃木将軍は愚将のように見えますね。敵の戦力を推し量ることなく2度も将兵に突撃させます。それは、過去に対する現在の優位な目でみるとそう言えるということは分かる気がします。しかし、バルチック艦隊を破った海軍は敵艦隊に対して大きな失敗はしていません。優れた将というのは、大きな失敗をしないのではないのでしょうか。上杉謙信が良い例だと思います。武田信玄、織田信長も好例と言えるかもしれません。

ただ一つ言えることは優れた将は滅多にいないということではないでしょうか。好古、真之らがその当時の日本軍にいたことが奇跡と言えるのではないかと私には思えます。
長文失礼しました。

No title

kurt2さん、こんにちは。

歴史上の人物は作家ないしは製作者がどう描くかで、読んだり見たりする側の印象が変わりますね。

「坂の上の雲」を読んだのは10年くらい前でしょうか、司馬さんが乃木希典をけちょんけちょんにこき下ろしているという印象ははっきり残っています。
今回のドラマは、乃木将軍や伊地知参謀はいい描かれ方をしていない感じがします。原作に沿った脚本なので仕方ないですね。

>優れた将というのは、大きな失敗をしないのではないのでしょうか

同感です。

後世のものは戦いの様相をあらかじめ知っていて、戦いの進行を文章や映像で追いますが、戦いの真っただ中にいるものは、刻々と変わる戦況から適切な判断をし軍を動かさなければなりません。これは相当難しいことだと思います。戦上手な武将はそこが優れていたんでしょうね。

秋山兄弟がいなければ、日露戦争の推移や結果も違ってきたかもしれません。
悪い方で考えると、敗戦しロシアの属国となっていたかもしれません。そう考えると、この2人が日本に与えられたことが感謝だと思います。

こんにちは

2つの道を同時には辿れなくても、量子論では2つの道は同時に存在できます(^_^;) 見つかった瞬間に1つになるだけ。

JQAやKT法、リーダシップ論においては、その見つかってしまった結果の過去は、変えることはできないけれど学ぶことはできる。しかし、過去は変えることができないのでごちゃごちゃ引きずってもしかたがない。学んだあとは過去はどうでもよいことで、前を向いて進んで行けば良いと言われています。たしかに過去の失敗をぐちゃぐちゃ引きずる上司はイヤです(^_^;)

「人が想像できることは全て実現可能である」

誰だったか有名な物理学者が言った言葉だったと記憶してます。
「過去に対する現在の優位」におごらず、過去に学び、将来を見据えれば、そこで行われる決断や努力は「博打」ではなく「実現するための行動」と言えるのかと思いました。

成功する道も失敗する道も中途半端にどっちつかずの道も同時に存在していて、実は自分で選べるのだと思うと楽しくなってきます。

いつも想像をかきたてていただきありがとうございます(^-^)

同時に存在

ばばばんさん、こんにちは。

>2つの道を同時には辿れなくても、量子論では2つの道は同時に存在できます。 見つかった瞬間に1つになるだけ<
そうなんでうか!

量子論の本は読んだことはありません。

無茶苦茶興味が出てきました。


コメントに書かれたこと、なるほどと思いました。
「学ぶ」ことの大切さと、今にそして今後に生かしていくことの大切さも感じます。
ばばばんさんの意見、大いに参考にさせていただきます。

>同時に存在していて、実は自分で選べる<
驚きであり、新鮮であります。これは使える、という言葉です。


プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード