ケーススタディU-2

昨日の続き

「もし?であれば」を考えてみた

1.「もしUさんのやる気を同じパートの人間がわかっていたら」
やる気を出して頑張るのなら、それがどれくらいのものか。どれくらい続くか見てやろうじゃないのという気持ちで、過敏な反応は少しでも和らいだかもしれない。

いや、そんなに甘くないかもしれないな。冷ややかな態度は変わらないかもしれない。

2.「もしUさんが、すぐに1stをする、soloをするという行動に出なかったら」
これが一番平穏。
やる気を出すことがすぐに、1stやsoloに結びついたところが問題かもしれない。


トラブル発生後に、外野があーだ、こーだ、と言うのはたやすいこと。そして「もし?ならば」というのはナンセンスなこと。起こってしまったことは取り戻しようがないのだから。

でもこれを考えることは、今後の対処の仕方を考える上で何らかのヒントをあたえてくれるかもしれないと思う。
今後の対応策は次回に。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード