FC2ブログ

アイネ・クライネ・ナハトムジーク

今、必要があって「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」(Eine kleine Nachtmusik)を編曲しています。我が吹奏楽団で演奏するためです。

モーツァルトが作ったこの曲は、弦楽合奏のためのセレナードです。
弦楽器が4部に分かれています。〔第1ヴァイオリン〕〔第2ヴァイオリン〕〔ヴィオラ〕〔チェロ、コントラバス〕です。これを吹奏楽に移していきます。

編曲のポイントは、木管楽器を中心にする。金管楽器と打楽器の使用を控えめにすることです。
我が楽団の木管群にはオーボエとファゴットがありません。フルート(Fl)、クラリネット(Cl)、サクソフォーン(Sax)があります。

弦楽器は基本的構造は同じで、形の大小が違うだけです。だから音色の統一感があります。それに対し、楽器が違えば音色が違ってきます。統一した音色は得られませんが、多様な色彩感を表現できます。

組み合わせによって音色が変わるんですね。
たとえばFlとCl、FlとSax、ClとSax、FlとClとSax、というように組み合わせを変えると違った響きが表現できます。

これにこだわってみたいのです。音色の統一感でなく、色彩感です。

今は、頭の中でイメージしながら五線譜に音符を書き込んでいます。まだ全体の5分の1くらいしか進んでいません。ぼちぼちやって12月中旬には終わらせたいと考えています。

練習で実際に音が出るのは、早くて来年の1月もしくは2月以降になります。
楽しみでもあり、怖くもあります。イメージと違うことは往々にしてもありますから(笑)


金管楽器や打楽器はフォルテfの場面で効果的に使いたいと思っています。
各奏者にすれば、休みが多くて退屈するかもしれません(苦笑)
ホルンは例外ですよ。結構使っています。


アイネ・クライネ・ナハトムジークの所有CDは1つしかありません。
ネビル・マリナー/アカデミー室内管弦楽団の演奏です。(PHILIPS モーツァルト大全集の1枚)
すごくいいですよ。これまで聞いてきた演奏は1ケタですが、そのなかで1番です。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

うわぁ・・・♡

虫がいい話ですが。。。
出来上がったら貸して欲しい。。(^_^;)

弦楽や木管アンサンブルの中でHrがポ・ポ・ポ・ポと和音で支える様に異様な「萌え」を感じます。
出来上がりを聴いて見たいです(^-^)

お恥ずかしい

ばばばんさん、こんにちは。

コメントの返信が遅れてすみません。

今回の「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の編曲は、我が吹奏楽団の実情にあわせて作っているものです。

楽器の編成や、各パートや個人の実力を考慮にいれながらのアレンジです。

なので、ばばばんさんの楽団にあうかどうかは疑問です。

それからド素人のやることですから・・・
曲は素晴らしくても、編曲が最悪ということもあります。
それを考えると、お恥ずかしいと言わざるを得ません(苦笑)


Hrパートは結構おいしく作っています(笑)
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード