FC2ブログ

暖秋

「暖秋」という言葉はありません。
しかしそういう表現をしたくなるほど暖かいです。というより暑いです。

寒さが苦手の僕にはありがたいですが、昼間に半袖Tシャツ一枚でおれるのは、ちょっと異常かなと思ったりします。

昨日は町の文化祭で、午後1時に集合しリハーサルとして本番に臨みました。リハーサルでも汗がかき、本番でも汗をかきました。どちらも締め切った空間にいるので熱がこもります。そこで棒を振り回すわけですから、どうしても汗が出てしまいます。でもいい汗です(笑)



栗山英樹さんが、日本ハムの監督に就任しますね。プロ野球解説者としては素晴らしいですが、監督としての実力は未知数です。さてどうなるか。

先日も書いたことですが、プロ野球には監督やコーチなどの指導者育成システムがありません。サッカーはライセンスがあって、きちっとしたシステムがあります。プロ選手がいきなり監督になることはないのです。
日本のプロ野球はコーチ経験もなにもなく監督になることがあります。それがいいか悪いか。是非をいえるだけの知識がありませんが、僕としては漠然としてですが、あった方がいいのではないかと思います。

コーチなどの現場を経験せず、いきなり監督をやって結果を出す人もいますよ、中日の落合監督のように。一方でヤクルトの小川監督のように現場の経験が長く、結果を出す人もいます。


ここで止めておきましょうか。ここでは制度論をするつもりはありません。思いつきを書いているだけですから(苦笑)


話は飛躍しますが、指揮者の岩城宏之さんが
指揮者には、なれるヤツだけがなれる。指揮者になれないヤツは、なれない」と言ったことを思い出します。

もって生まれた資質というか天性のものがあるのかもしれませんね。

じゃあ、プロスポーツの監督はどうなんでしょうね?
岩城さんの言葉があてはまる部分はあるのでしょうか。

これは指導者育成制度と別次元の話です。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード