保津川

渡月橋西岸側にある松です。
008_convert_20111029172540.jpg
立派ですよ。

デジカメで撮った画像はそのままアップできなくて、画像縮小をしています。なので、この写真からは立派さは伝わってきません(苦笑)


ばばばんさんに、渡月橋までを「保津川」、越えると「桂川」と教えていただきました。
これが保津川です。
012_convert_20111029173015.jpg

数週間前に嵐山に行ったわけですが、そこで気持ちの安らぎを感じました。ゆったりしてくつろぐ感じですね。
そのあと土産物が並ぶ通りを歩いたのですが、せっかくの和らぎを乱されました。
(歩かなければよかったと後悔)

ここから渡月橋あたりのよさが何にあるかを僕なりに見つけました。
それは“広さ”

特に川の広さがポイントだと思います。写真を見てもわかりますが、山あいから川が流れ出てくるところまで距離があるんですね。そして船がゆったり動くのもプラスの効果をもたらします。

桂川になっても対岸との距離があります。堤防がそんなに高くないのがいいですね。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

保津川です(^_^;)

この辺りは私もとても好きです。
子供の頃、自転車で到達できる限界くらいの距離でしたね。

渡月橋から保津川側(北側)の景色(まさにこの写真のアングル)が特に好きです。

昔は芸能人やTV企画ものの店とかはなく、京都の静かな観光地って感じだったんですけど、最近は(^_^;)

嵐電嵐山駅も昔の方が味があったかな。。。
足湯は許そう(^_^;)

「広さ」・・・なるほど。「気積」「空気感」。。。
なんというのでしょう、例えばちょっとした谷を流れる小川が美しく見えるのは上流の山との形に影響しているらしいのですが、「それを巨大にした」景色というか空間というか、そんなものがあそこにはあります。

思い返せば、子供の頃なのに、独りできては大堰川との中州や保津川の堤防とかでボーっとしてるのが気持ち良かったと記憶してます。

いつかはあの辺りに住みたいです(^_^;)

嵐山

ばばばんさん、こんにちは。

>昔は芸能人やTV企画ものの店とかはなく、京都の静かな観光地って感じだったんですけど<
今回の嵐山は土産物店通り(?)にはニギニギ、ガヤガヤ、ザツザツとした感じを受けました。静かさがなかったのです。


広さも大事ですが、川というか水の存在は大きいように思われました。しかも流れていること。川の流れの音も大事かな?
それらすべてが総合されて人に作用するのではないかと思っています。

同じボーっとするのでも、どの場所にいて、目の前がどうなっているかで違うと思うのです。
そういう点で、嵐山はいろんなものがそろっているような気がします。


大学の4年間を過ごした京都、大好きです。
嵯峨野あたりに別荘を持とうかな(夢)
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード