FC2ブログ

執念 小澤征爾 76歳の闘い

昨晩「執念 小澤征爾 76歳の闘い」を見た。

凄まじい内容だった。

番組のタイトルには注意を払わない方だけど「執念」というのはおかしい。内容にあっていない。

昨年の「弦楽セレナード」(チャイコフスキー)が流れた一コマで、小澤さんは“命”という言葉を使っていた。
命がつながっているというようなことを言っていた(かなり記憶が曖昧)

そこから言葉を借りるけど、昨晩のドキュメンタリーからは“命を懸ける”としか言いようのないものを感じたのだ。だから執念と違う。
それから、小澤さんには“音楽に対する情熱”を常々感じているけれども、今回はそれとは違ったのだ。

今年のサイトウ・キネン・フェスティバルで小澤さんが振るのは1曲。バルトークのオペラ「青ひげ公の城」。
このリハーサル風景は、鬼気迫るのもがあった。

ブラウン管を通すと、生で感じるものより何割も減じたものなってしまう限界がある。それでも、おそろしいまでに伝わってくるものがあるのだ。

ステージリハで、オーケストラピットにあって全体が暗い中、小澤さんの顔にわずかな照明があたる。(子供相手に、暗い所で懐中電灯を顔にあて、オバケだ~という場面に近い) 
それをカメラがとらえている。バルトークの音楽と合わせると、まさに鬼気迫る感じだ。

それとも、命を削って・・・、いや、削り取った命をむき出しに見せている。そんな感じさえする。


「青ひげ公の城」は土曜日の夜BSプレミアムでやっていたので録画したが、まだ見ていない。
このドキュメント番組を見たからには、軽々しく見れない。
居住まいを正して見なければなるまい。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking

リハ―サルで使っていた、

意味深(いみしん)クレッシェンド。

小澤さんの造語だろうな。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。その番組は私も見ましたよ。小澤征爾さんの鬼気迫る「生きざま」を見ました。
私が師事した指揮者の桜井先生は、病気と闘いながらも死の直前まで、指揮者としてスコアを勉強して、私に音楽を教えてくれました。
それはお二人の共通の師である斎藤秀雄先生の「生きざま」そのままでした。小澤さんもおそらく、そういう「生きざま」をしようとしているんでしょう。なんとも言えない気持ちでテレビを見ていました。

生きざま

たかさん様、こんにちは。

「執念 ~ 」を見られましたか。

『生きざま』
いい言葉ですね!

まさに小澤征爾の生きざまを見た。

そういう番組だったと思います。

>それはお二人の共通の師である斎藤秀雄先生の「生きざま」そのままでした<
そうでしたか。それは重い言葉です。

師あり、そして弟子もそこにある、という感じがします。


プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード