FC2ブログ

疲れたときに甘いもの

僕は甘いもの好きでした。和菓子、洋菓子なんでもOKでした。

しかし、これまでブログで取り上げた2冊「成功する人は缶コーヒーを飲まない」「脳から『うつ』が消える食事」を読んでから、甘いものの摂取量がかなり減りました。

甘いものを摂り過ぎているという意識は常にあっても、改善の方向に動かなかったのが、この2冊で変わったのです。それほどに影響力のあった本です。
おかげで、飽きもせずブログに取り上げていますが(笑)

今日は「疲れたときに甘いもの、頭の回転をよくするために甘いもの」とよく言われますが、実はそうではないんだということを書きます。

・食物は体内に入ると消化され、栄養として吸収されます

<ビタミンB群の働き> http://www.caloricdiet.com/special/articles/scrap4.htmlより
「人間の体は、糖質、たんばく質、脂質が分解されてエネルギーなどになり、それが活力源となるのですがこれらの栄養素がエネルギーに変わる際には、酵素が必要になります。ビタミンB群は、そうした酵素の働きを助ける『補酸素』となるものです。補酸素といっても、B群は、非常に重要な役割を担っており、このB群がなければエネルギーは産生されなくなります。B群は、いわば元気の素になるビタミンなのです

このことを頭に入れながら話をすすめます。

・甘いものを食べるとそれを代謝するために、たくさんのビタミンB群が消費されます

ビタミンB群が不足すると集中力が低下し、 疲れやすくなり、イライラします。日中眠くなりやすくなります

・“集中したいときはビタミンB群を”というくらい大切な栄養素にもかかわらず、甘いものを食べながら、仕事や勉強をしてビタミンB群をどんどん消費していっている

そうなると本末転倒ですね。ビタミンB群が慢性的に不足し、ますます悪くなる感じがします。

「疲れたときに甘いもの」と思っておられる方、ちょっと考えてみられてはどうでしょうか。

「脳から『うつ』が消える食事」P127を中心にまとめました。
まとめることで理解が増し、記憶として定着します。そのための記事でした(笑)


ソフトバンク、優勝おめでとう。好不調に大きな波がなく、安定した戦いをしていましたね。

ヤクルトは首位を守り切れるでしょうか。12連戦でしたっけ?ここへきて投手陣のコマ不足はいたい。そうなると中日優位か?

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

甘いものを食べたいときは

甘いものといっても、いろいろありますね。

一番注意するべきは、身体にすぐ吸収される精製糖だと思いますが、黒砂糖や蜂蜜、メープルシロップ、てんさい糖などは、どうなのでしょう。
みりんも甘いですね。煮詰めると砂糖代りになります。

腎臓病患者は、カロリー源として砂糖と油をとるようにお医者が勧めるらしいです。(本当かどうか知りません)
砂糖が入っているお菓子や食品ではなく、果物、ドライフルーツなら良いという人もいます。
さつまいもやかぼちゃも甘くておやつになりますね。
そういうものも要注意なのでしょうか。

甘いものを避けるなら、代替食品として何を食べるべきか、その本に書いていませんでしたか?

成功はしてませんが(^_^;)

こんにちは。
成功はしてませんが(^_^;)、平日に甘いものは摂らないです。
コーヒーもノーシュガーだし、会社でもらう土産物は全て持って帰ってカミさんの胃袋へと消えてゆきます。

。。。おかげでカミさんは・・・・(T ^ T)

逆に休日は甘いものも結構食べます。
休日は、「集中する」ことも少ないし、「疲れても」休んでればいいし、「イライラ」しても「眠れば」よい(^_^;)

これを読ませていただいて、結構正解な生活だったんだと安心しました(^-^)

No title

Yoshimi さん、こんにちは。

さすがに鋭いコメントですね。

ビタミンB群のところには書いてありませんでしたが、違うところに書いてありました。調べる時間がないので、曖昧な記憶をたどりながら書きます。

糖分でも吸収率の低いものの方がいいそうです。
甘味料も列記されていました。メープルシロップは書かれていたように思います。

「成功する~」に書いてなくて「脳から~」に書いてあったことです。
果物、ドライフルーツ、さつまいもは、血糖値を急激に上げやすいという点であまりいい書き方はしてなかったようです。

個人的な意見ですが、この2冊が絶対正しいかどうかはわかりません。この本の通りにしなければならないとは思いません。
ただ、今の日本人の食生活は炭水化物過多になっていることは間違いないと思います。特に間食で甘いものを摂り過ぎている。
ここはぜひとも改善しなければならないと思っています。

この2冊の本では、タンパク質の重要性が説かれていました。植物性、動物性ともにです。

食事の順はフランス料理のコースのようにしたらよいとも。
汁物や野菜→主菜(タンパク質中心)→炭水化物です。
炭水化物が後にくることで、糖質の吸収が緩やかになり、血糖値の上昇が緩和されます。

最後に間食について
ナッツ、チーズ、無糖ヨーグルトなどが書かれていました。

参考になれば幸いです。

No title

ばばばんさん、こんにちは。

>平日に甘いものは摂らないです<
素晴らしいですね。

僕なんか自営業ですから、人目の気にせず毎日甘いものだらけでした(漠~)
今はかなり減りました。ゼロにはなっていませんが(苦笑)

>逆に休日は甘いものも結構食べます<
いいんじゃないですか。

そんなこと書いたら筆者に怒られますが・・・


甘いものの誘惑に負けたら、ということでこんなことが書いてありました。
食べたあと体を動かすこと。ウォーキング、ストレッチ、軽い力仕事などです。
すると吸収した糖分がエネルギー消費に回るそうです。そして血糖値急上昇も緩和されるとか。

No title

お返事ありがとうございます。

>糖分でも吸収率の低いものの方がいいそうです。
昔流行ったインシュリンダイエットもそうですね。
私としては、なかなか役に立つ方法でした。
マクロビよりも、実践しやすいです。

>果物、ドライフルーツ、さつまいもは、血糖値を急激に上げやすいという点であまりいい書き方はしてなかったようです。
これは量にもよるのではないでしょうか。それに違うことを書いている本もありますね。
でも、インシュリンダイエットでも、さつまいもは要注意だったように思います。

>ナッツ、チーズ、無糖ヨーグルトなどが書かれていました。
ナッツは高カロリー食ですから、食べ過ぎに要注意ですね。クマが冬眠する前に食べる食料ですし。
ついポリポリと食べてしまうので、太って困りました。

チーズも脂肪が多いかな?ちょっとわかりません。私はチーズは食べないので。
その代り、水切りヨーグルトを食べてます。ホエーは健康に良いそうです。


多少なりとも

Yoshimi さん、こんにちは。

多少なりとも参考になりましたか。

昨日の返事は、2冊の本の筆者の言いたい内容を正確に表しているという自信はありません。
あくまで個人的解釈を書いたと思ってください。

果物、ドライフルーツ、さつまいもは全然食べるなとは書いていません。量に気を付けたり、食べ方に注意が必要だと、僕は解釈しています。

間食ですが、僕は甘いものが格段に減りましたよ。その代りナッツ類が増えましたよ(笑)
しかし、何事も過ぎたるは及ばざるがごとしで、食べ過ぎはいけないなと思っています。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード