ブログをやり始めて文章を書くようになりました。(正確に言うと、キーボードに文字を打ち込むようになった)
多忙な時期は更新できないこともありますが、平均すれば1.〇日に一つの文章を作っているはずです。

三日坊主の僕がよくもこれだけ続けることができたな、と驚くばかりです。


なんだかんだと言いながら「風のように」はあと少しで2年になろうとしています。兄貴分のブログ「司馬氏のアイーダ」の方は4年数ケ月になります。始めた頃より文は少しはうまくなったかなという手ごたえはあります。スラスラと文が出てくるようにもなりました。しかしまだまだです。“いい文章”“上手い文章”“達意の文章”にはなっていません。ましてや“味のある文章”には届きかけもしていません。

文章の作り方で未だに難しいものの一つに、「の」の使い方があります。

「◆の▲の●の~」というようにやたら「の」が続くことがあります。これ、嫌なんですよ。
「の」はせいぜい2回までと思っているので、あと一つの「の」を削るのにどうすればいいか頭を悩ませます。こういうときって文がスラスラ出てくれないんですね(苦笑)

先日僕の苦労をあざ笑うかのような短歌に出会いました。

ゆく秋 大和 薬師寺
上なる 一ひら

佐佐木信綱の作です。6個も「の」を使っているのにもたもたした感じがありません。へたくそと思うどころかいい歌だと思わせる調べがあります。なぜなんだろう?

考えても答えはでません。
それよりも、練習あるのみ!かもしれません。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード