正直に行動する人間

「どれほど弁が立とうと、知識があろうと、ウソをついている人間は所詮弱い。
世の中で最も強いのは、正直に行動する人間である」

「プリンセス・トヨトミ」にでてくる一節です。(P305)
この本で一番おっ!と思わせた文です。

国家予算が適正に使われているかをチェックする会計検査院。実地調査をするために大阪にやってきて、大阪国の存在を知ります。
3人でチームを組んで調査しますが、そのトップが松平。

その松平と大阪国総理大臣真田は、調査の場で初めて会います。

・・・余談ですが、この本のネーミンがおもしろいです。
徳川は元は松平でした。真田は真田幸村からきているでしょう。それから長宗我部や石田、増田、大谷などもでてきます・・・

ところで大阪国は江戸幕府崩壊と明治政府成立の狭間で、明治新政府との間に密約が結ばれ成立しました。
決して大阪国として表には出ないけれども、国家として認める。しかるべき項目を作り、国家予算から大阪国のために予算をとり支出する。
会計検査院は3年ごとに調査をしますが、大阪国に関連した項目は35年も放置されていました。(会計項目には大阪国という名はいいさい出てきませんよ)
そこの闇の部分に松平がメスを入れていきます。調査の場面で、大阪国のことを知った松平は半信半疑です。
しっかりとした確証がないので判断を保留しています。

松平は鋭い質問をあびせます。
真田は話すことが得意でないのが、しきりに言葉を噛みます。目の奥で自身が揺らぐ瞬間もあります。しかし彼の言葉からは、狂信でもなければカモフラージュでもない、純粋に大阪国を心配している率直な感情が伝わってくるのです。

そこで松平が思ったのが、冒頭に引用した一節です。


「正直に行動する人間」この言葉はずしりとくる重みがありますね。
大阪国の総理大臣がそういう人間であったのです。

我が国の次に総理大臣になる人はどんな人でしょうか。

“総理の器”のある人になってほしい。
器の内容は様々あるだろうけど、正直に行動するという項目も入れていいと思っています。
そりゃ権謀術数も必要です。特に外交ではずるがしこさや狡猾さも必要です。でも根幹にこれをいれたいな。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

某国は滅茶苦茶になりそうです

どうもこの調子ですと、某国は前首相より滅茶苦茶な方が総理大臣に成ってしまいそうですね。
揚水発電の意味すら履き違えておられた答弁を思い出します。
原子力発電あってこの揚水発電なんですからね。

No title

MKさん、こんにちは。

野田さんで決まりましたね。
どれだけの器を持った人かわかりませんが、あとは託すしかありませんね。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード