1973年のピンボール(2)

村上春樹2作目となる「1973年のピンボール」について。

前回の記事を書いてからいろいろと考えてみましたが、とりとめのない小説という印象は変わりません。これが僕がこの小説をつかみきらないから。感性の違いかもしれません・・・

けれども時々「おっ!」と思わせる言葉が出てきて、僕の心をとらえます。

見分けのつかない双子の姉妹が現れて、不思議な同居生活(3人ですよ)が始まります。なんら必然性がないままですよ・・・

あるとき主人公の「僕」が次のことを感じます。
彼女たちと暮らし始めてから、僕の中の時間に対する感覚は目に見えて後退していった

僕は、自分が本当に遠くに来てしまったんだと実感する

さらに話が進んで

どこまで行けば、僕は僕自身の場所を見つけることができるのか?」

なんか考えさせられます。


1970年の冬、「僕」はピンボールの呪術の世界に入り込みます。
ひたすらピンボールをする生活を送ります。
1971年2月、ゲームセンターが取り壊しになりピンボールが姿を消します。

出来る限りのことをして「僕」はピンボールを探します。

見つかったという連絡があって、ピンボールと再会をはたします。

その後

双子がもとの所へ帰ります。


この小説における双子の姉妹ピンボールは何なんだろう?

考えるのですが、さっぱりわかりません。


それから「僕」はベッドでカントの「純粋理性批判」を読む習慣があります。
あるところでカントの言葉を引用しています。

哲学の義務は、誤解によって生じた幻想を除去することにある

この小説にどういう意味合いを持たせているのだろう?
これもわかりません。


などなど。

僕には謎の多い小説でした。
次回は「羊をめぐる冒険」

これ、なかなか面白いですよ!

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード