鎌倉幕府

「いい国作ろう 鎌倉幕府」と中学生の時覚えました。

1192年に鎌倉時代が始まるのですが、1185年に壇ノ浦の戦いで平家が滅んでから7年もたっています。

この7年間はじつに様々な動きがあります。
守護・地頭の任命、義経の追討令、奥州征伐。頼朝の上洛など。

上洛した時は実質的な権力者である後白河法皇と対談しています。
ちなみに頼朝は、後白河法皇のことを「大天狗」と呼んでいましたが・・・

頼朝は「征夷大将軍」を望んでいましたが、この「大天狗」がうんと言いませんでした。

中国の古典では、遠く夷狄(いてき)の地に遠征した大将軍は、みずから幕僚を採用し、その地に行政府を開くことがゆるされたとあります。
それを日本風にアレンジしたものが征夷大将軍です。

この官職がえられるように、京に内々で工作していたようですが、「大天狗」が許しません。
しかし、1192年3月に後白河法皇が崩御。

7月に頼朝は征夷大将軍に任ぜられます。

時を移さず、京から任命のための勅使がくだります。

そうして7月12日、鶴岡八幡宮で勅使応接の儀式が行われました。


鎌倉幕府が公認されたわけです。
 (以上、司馬遼太郎「三浦半島記」参照)

武士にとってまことに喜ばしい日であったと思います。


さて

源頼朝と義経とどちらが好きですか?

「判官びいき」という言葉があるように、多くの日本人は義経が好きでしょうね。

けれども僕は頼朝が好きです。


これについては、おいおい語っていきたいと思います。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは。
京都出身で鎌倉在住の者です。

好き嫌いでは多少趣旨から外れますが、私は義経の方が「馴染み」があります。

転勤族でかつ旅行好きなので、全国あらゆるところに立ち寄ったり住んだりしてますが、そのどこにでも義経の「足跡」があるというのがその理由です。

史実は為政者によって都合よく変えられるのが常の中で、あれ程多くの伝承や口伝えを残している人物は他にいないでしょう。
勧進帳まで行けば怪しいですが、「風呂」氏の言い伝えなんかかなりなまめかしい。

その意味では秀吉と小六の出会いの場面なんて絶対ウソ(^_^;)

。。。話が逸れてしまいました。
いつも勝手に訪問して楽しませて頂いています。ご容赦下さい。

義経

ばばばんさん、こんにちは。

今鎌倉にお住まいなら、鎌倉幕府ゆかりの地を歩くことができるんですね。
鎌倉は行ったことがなく、ぜひ行きたいと思っている街の一つです。

義経の「足跡」。
なるほど、幼年時代。奥州そして源平合戦ゆかりの地などでしょうか?
それに対して、頼朝は伊豆と鎌倉それから関東の数ヶ所ですから、数において違いがありますね。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード