FC2ブログ

ホルスト/第1組曲

ホルストといえば「惑星」が有名です。イギリスのクラシック作曲家ですが、吹奏楽曲も書いています。

その中の代表作が「吹奏楽のための第1組曲」(First Suite for military band )

吹奏楽分野において古典の古典であり、名曲中の名曲です。作曲が1909年ですから、約100年前ですね。

高校の時初めて聞いて好きになり、今も好きな曲です。

この曲はCDを探せばいくつもの演奏があり、You Tubeでも見られます。TVで放映されたのを2度見ました。一つは佐渡裕/シエナ・ウィンドオーケストラ。もう一つはN響メンバーによるもの(指揮者は忘れました)

僕は
指揮:フレデリック・フェネル指揮
演奏:クリーヴランド管弦楽団管楽器クション
のCDをもっていますが、佐渡さんやN響の演奏より格段にいいです。


我が吹奏楽団でも5,6年前に演奏しました。毎年9月にある吹奏楽フェスティバルにおいて。
このフェスティバルは近隣の中学・高校・社会人の吹奏楽部・団が一堂に会して行われます。

気合いが入るんですよ、この時は。社会人バンドとしてそれなりの演奏をしよう!とか・・・そんな感じでね。
ジューン・コンサートとは別の思い入れですね。
それを反映して選曲はほとんどが吹奏楽オリジナル曲。

ジューン・コンサートが終わって3カ月、途中夏のイベントの演奏依頼が1,2件ありますが、それにかかわる練習以外はフェスティバルの曲に集中します。

そうして臨んだ5,6年前のステージ。大失敗をしました。
奏者はどう思っているかわかりませんが、指揮者としては失敗だと思っています。

まず曲の説明をしますが、
第1組曲は3つの楽章からなっています。
1.シャコンヌ (Chaconne )
2.間奏曲 (Intermezzo )
3.行進曲 (March )

で、その失敗とは、3楽章行進曲の後半、走ったんです。猛烈な勢いで。
「走る」って楽器持った奏者がステージ上を駆け回るんじゃないですよ(笑)
練習で設定しておいてテンポより速いスピードで演奏してしまうことです。

その時の大太鼓が走った原因でした。
大太鼓担当が高校生。学業やクラブで忙しくなかなか練習に来れず、3楽章の合奏の場にいることが少なかったことが一つ。
3楽章での合奏参加は数回あったと思いますが、ここの部分がやや速めになりがちになることを感じていました。

この時しっかりチェックして、修正しなかったことが最大の原因。

練習段階では猛烈にスピードアップすることはなかったので、本番でまさかそんなことになることを予想していなかった。

それが現実に起きてしまった。
今風にいえば「想定外」の事態が発生したわけです。

危険を察知できずに、見逃して処置をしなかった。
つまり、指揮者の責任です。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード