ハインリッヒの法則

「決定版 失敗学の法則」より

労働災害の発生確率に関する法則に、ハインリッヒの法則というのがあります。

件の重大災害の裏には29件のかすり傷程度の軽微な災害があって、
さらにその後ろには、ヒヤリとしたりハッとして冷汗が流れるような事例が300件潜んでいる」  

ヒヤリとした時に、重大災害に要因があると認識して、十分な対策を立てれば、重大災害は未然に防げるという考え方です。 (P34)

畑村さんは「失敗についても、ハインリッヒの法則と同じようなことがいえます」と述べています。

同じ要因から、ヒヤリとするのが300件、軽度の失敗が29件、致命的な大失敗が1件起こる。
換言すると、重大災害や致命的失敗は300分の1という確率で起こる確率現象である。(P35)

厳密にいうと330分の1ですけどね。


ここからの教訓は、ヒヤリとしたりハッとしたことを誤魔化したり、見逃したり放っておかないこと。
たとえ小さな失敗や事故でも、一つ一つ問題を解決していくこと。


ということですが、誤魔化しや隠れて処理しようとする心理は誰にでもあるもの。上司に怒られたくなかったり、や取引先に悪い印象をもたれたくないのもわかります。

程度によって、「まあ、これぐらいは大丈夫さ」という認識を持つこともあるでしょう。重大災害や大失敗につながると考えないこともあるでしょう。

日頃の問題意識の持ち方でしょうか。
組織としての問題意識のあり方もあるでしょうか。
ハインリッヒの法則を知って、今後どう活かすかはその人次第です。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ヒヤリ・ハット

私の職場でも月毎に開く職場労働安全衛生委員会の際、一ヶ月間に気がついたヒヤリハットを皆で出し合い、どの様な処に問題があるのかを検討しています。
お陰さまで、極軽い不休災害こそありますが、それも教訓として活かし、労使協働で安全な職場を目指して活動中です。

素晴らしい

MKさん、こんにちは。

>月毎に開く職場労働安全衛生委員会の際、一ヶ月間に気がついたヒヤリハットを皆で出し合い、どの様な処に問題があるのかを検討しています<
素晴らしいことですね。
そうやってキッチリされるところは、重大災害や致命的な失敗はないんでしょうね。

僕にとっては、知識のみのことで、実際に活かしたことはありません。過去を振り返って、こうしておけばよかったのかなとおぼろげながらありますが・・・

MKさんの職場のようにしっかり実践されていることは素晴らしいことだと思います。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード