FC2ブログ

見られる

昨日は、台風のため練習時間が短縮されるということもなく、夜10時まですることができました。
ホッとしています。

しかし、打楽器運搬含め9時間以上は体力的にきついです。
おかげで今日は鉛の体となっています(笑)

団員の一人ひとりも今日は重い体に鞭打ちながら仕事をしているんでしょうね。特にお勤めの人は大変です。
僕は自営業なので、ぐったりしていても誰にも白い目で見られませんから気分的に楽です。


ところで、昨日の夜の部は照明の打ち合わせを中心に全曲通しをしました。

そこでわかったことは、いつもより1回分指揮者登場が多いこと。
クラシックにしろ吹奏楽にしろ、舞台上手から指揮者が歩いて登場するのが普通です。

これ、苦手なんですよ!

歩いているところを見られるのは、すごく恥ずかしいんです。

指揮をしている後姿を見られるのは、どうと言うことはありません。それよりも、わずかばかりですがカッコよく見せようという意識さえあります。(小澤さんのように「後姿でも魅せる」ことができればいいのですが)

しかし舞台を歩くのは駄目ですね。
客席の視線全てが自分に集中するのです。
猫背で姿勢がよくない。歩く姿勢はどんなものかわかりませんが、決していいとは思いません。本番では緊張して顔もこわばり、ぎこちない歩き方をしているに違いない。これを人目に晒すのです。

こんなことお客さんにすればどうでもいいことです。何をしょうもないことをぐちぐち言っているのか、ということになりますね。
わかっていますが、それをちょっとこぼせるのがブログのいいところかな・・・


ついでに言っておくと、
毎年秋に吹奏楽フェスティバルがあります。我が地方の中学・高校・社会人の集まりです。
各部や各楽団が演奏を始める時に、多くは指揮者が舞台袖から歩いて登場します。しかし僕は始めから指揮者の位置にいます。理由は簡単、歩くのを見られるのが嫌だから。


話変わりますが、有川浩の「シアター!」「シアター!2」を読み終えました。
思ったのが演劇の一コマに無言で十数秒歩く場面があったら、しかも他に動きがなく歩く姿に客席の視線が集中する場面であるならば、演ずる人はどんな精神状態でいるのだろうか?ということ。

近くに答えてくれる人はいません。
仮にいるとしたら「全くもって大丈夫ですよ。それよりあたな自意識過剰なのでは」と言うかも・・・

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

すごいですよ

指揮をなされているなんて!
堂々としてればいいじゃないですか、
と言いたいところですが(笑)

小澤征爾さんは、サイトウ・キネン・オーケストラの
演奏のときには、オケメンバーと一緒に
ゾロゾロと出てきて、メンバーが全部揃うまで
談笑していますね。
仲間だから、というわけでしょうか。
これも、見ていてとても気持ちいいです。

歩く

四季歩さん、こんにちは。

そう堂々としていればいいのですが(苦笑)

サイトウ・キネン・オーケストラの場合は特別ですね。
ああいう入退場もいいですね。

そうそう、ずっとアップされている記事はBSプレミアムで放送されたものですね。僕も録画してあるので、時間をみつけて見るようにしています。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード