おれ

「おれ」と女性が自分のことを呼ぶ。

今の時代ではありえないですね。でも時代と場所が違えば「おれ」という言葉を使うのに何の不思議さもなかったのです。

9784167567149.jpg
書店の文庫本新刊コーナーは毎回チェックします。
そこでたまたま見つけた本が「われに千里の思いあり」中村彰彦 著。

中村彰彦という著者名は初めて目にしました。1949年生まれで歴史小説家のようです。
「われに千里の思いあり」は上中下の3冊。加賀百万石の3人の君主を主人公にしています。

豊臣秀吉の同僚(?)だった前田利家を初代とすると、2代目が息子の利長、3代目が利常。
上巻の主人公は利常、中巻は4代目光高、下巻は5代目綱紀という構成です。

書店には3冊が並んでいましたが、今回は上巻のみを購入しました。読んで面白ければ残り2冊を買う。面白くなければ、これきりにするというのが理由です。

現在200ページほど読みました。
結構いいです。司馬遼太郎のような無類のおもしろさと深いニュアンスには及びませんが、堅実な文章で物語としての密度も高い。十分に合格点がつけられます。(こんな書き方をすると新人に対する評価みたいで、著者に対して失礼ですが)

この本を題材にブログの記事が書けそう(笑)

で、その第1弾が今日の文章です。

「おれ」とくれば、今の時代男が自分を呼ぶときに使う言葉ですね。
これが安土桃山時代に女性が自分を呼ぶ言葉として使ったことが、この本に書いてありました。

秀吉の朝鮮出兵の前線基地として名護屋城(佐賀県唐津市)が築かれます。
「割普請」という分担制度で、九州の大名が手伝います。
これに九州の男達がかり出され、残された女性が歌った嘆きの流行歌(はやりうた)があります。

おれが思ふ人は名護屋にござる 長の留守すりゃ辛苦でならぬ”

この時代には、女も自分を「おれ」と呼ぶ地方が多かったそうです。(P65~66)

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは。

この記事は通り過ぎできません(笑)。
金沢と高岡で暮らしたことのある私としては、前田一族はわが一族(爆!)。現当主のことまで追っかけしています(冗談)。
最初の3代の中では利長がずば抜けて英傑ですね。高岡城(高山右近の縄張り、石垣にはクルスやラテン文字が刻まれていて、城郭ファンの熱い論争の的にもなっています)の遺構を見ても、また国宝となった瑞竜寺の鉛の屋根瓦の目的、そして利家亡きあと幕府からの付家老の取り込み方など、尋常な人物ではなかったことがわかります。乱世だったら利家よりも天下を騒がしたかも。
一方、利家には信長の命令で、無理やり廃嫡となった兄がいます。
利久といいますが利家は生涯、そのことを苦にしていたといいます。金沢の郊外にちかい野田山という所は、前田家の代々を中心にして重臣たちの墓碑が取り囲む、一大墓域ですが、野田山の頂上付近の初代利家の墓のその上の方に、兄、利久の墓碑が建てられています。利家の遺言によると言われています。私はこの光景を見るのがとても好きです。長々駄文、すみません。

前田家

NANTEI さん、こんにちは。

>金沢と高岡で暮らしたことのある<
そうなんですか。

僕は旅行で金沢に行ったことが2回あります。兼六園がメインでした。再度行く時は金沢城をじっくり見たいと思っています。
高岡は行ったことがありません。

前田家に関するもを読むのは今回が初めてです。
以前あった大河ドラマ「利家とまつ」は見ていませんし(笑)

利長や利久の話は興味津々ですね。
「われに千里の思いあり」の3冊を読み終えたら、利長に関するものを読んでみたいですね。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード