FC2ブログ

戦国の城

本屋さんに行くとおおよそチェックする雑誌の棚があります。
ここで目にとまれば、手にとってしまうのが『歴史群像』。

軍事オタクといえば失礼になるかもしれませんが、歴史における軍事に関心のある方にとっては、こんな面白い月刊誌はなかなかないのではないかと思います。

といっても僕は、始めの方にある「城」に関するページしか見ませんが(笑)

書店で立ち読みするときは、ここのイラストや写真そして縄張り図を飽きずにながめるのですよ。文章は読まずに。そして、早くまとまって1冊の本にならないかなと願うのです。

この願いははかないものではありません。これまでに「戦国の堅城」「戦国の堅城Ⅱ」でまとまっていますから、気長に待てば店頭に並ぶのです。

いつとは知れず意識の中で薄くなっていたら、突然目の前に姿を現しました。

戦国の城

先日書店で見つけました。即、購入ですよ(笑)

嬉しがって毎日ながめています。文章を読まずにね(爆~)


一つ一つの有名無名の城を知るのも楽しいですが、「信濃 川中島城塞群」とか「尾張 桶狭間付城群」は新鮮かつ刺激に富んだページでした。

川中島の戦いといえば、上杉謙信と武田信玄の華々しい戦いが有名ですね。(特に第4次川中島合戦)
でもそれは全体像の一部に過ぎないと気づかせてくれました。

別のページをさいて「攻防の焦点は高地の争奪だった」というテーマで文章が書かれていますが、なるほどそうなのかと納得させてくれます。(このあたりだけは文章を読みました) 

ちなみにP26の地図には、上杉方の城が善光寺以北に8個、武田方はそれ以外の箇所に30個ほどの城があります。
上杉・武田が川中島をはさんで対立する以前の城が何個あり、以後のものがどれほどあるかわかりません。
相当な数ですね。

地図で見る限り、川名島一帯の北側にある善光寺とその付近にある上杉方の城は、他を地帯を制圧し城を築いている武田方に押されている感じで、辛うじて守っている印象があります。

その他もろもろありますが、新田次郎の「武田信玄」で作られた僕の「川中島の戦い」のイメージを大きく変えてくれました。
こうしていろいろと知ることで、歴史事象を深く見ることができるようになることが嬉しい。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

超久しぶりです~
これは、ゲットしなくちゃなりませんね!!(^O^)/
「嬉しがって毎日ながめることにします。文章を読まずに!!」

謙信と信玄を記事にしたく、二人を読み漁っていました。(・∀・)

piglet01さん、こんにちは。

歴史大好き人間なのに、あまりブログの題材に取り上げなくてすみません。

僕は城の縄張り図がそれを基に復元したイラストが大好きなんです。(この雑誌の表紙にあるようなイラストです)

特に縄張り図とイラストを見比べながら、城の具体像を作っていく作業が大好きです。見て、ながめて飽くことがないですね(笑)

謙信と信玄、僕はどちらも好きですよ!
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード