藤原氏への評価

日本史大好き人間ですが、古代から平安までは関心が薄い。藤原氏についても何ら興味を持たなかった。
たまたま書店で見つけた「藤原氏の正体」関裕二著。
136471.jpg
これが藤原氏に興味を持たせる一冊になりました。

この本では、天皇を隠れみのにして私利私欲に走った権力者etcといった評価が多く、かなり否定的な見方をしています。
これが僕にとっての藤原氏に関する初めての本だったので、ほぼ無批判で僕の中に入り込みました。

ところが、渡部昇一の「日本の歴史① 現代までつづく日本人の源流」は、藤原氏に対して好意的です。

「おや、関さんと違うぞ」
頭の中で問答が始まりました。
解決など見つかるわけもありませんが、「どうなんだろう?」という問いかけは断続的に続いています。
そうやって、見方が深まればいいなと思っています。

渡部さんの本で面白いと思ったのは次のこと。
「古事記」「日本書紀」を評価すべきという文章のなかで、日本の神話は歴史に大きく与えていることを述べ、例として藤原氏を上げています。
天皇以上に勢力をもったのに、天皇を倒して日本の支配者にならなかった。
なぜか?それは神話に根拠がある

藤原氏の先祖である天児屋根命(あめのこやねのみこと)は、神話の時代から天皇に仕える家であると決まっているからだ。
だから、天皇になろうとする野心がなかった。
慎みがあり、節度があった。
という渡部さんの評価になります。

(その代わりと言ってはなんですが、娘達をどんどん後宮へ送り込んでいますけどね・・・
これについては「藤原氏の正体」を題材にいろいろと書けます。)

最後に、平安文学の豊かさは長い平和の時代があってこそで、それは藤原氏の功績である。
藤原時代は男が武力に頼らない時代であり、武力は軽蔑されるべきものだった。王朝サロンで尊敬されるべきのは優れた感性であったと。
渡部さんの高評価があります。


さて、日本の歴史にとって藤原氏はどんな存在なんでしょうか?
一筋縄ではいきませんね。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。
私は、歴史の中では古代(奈良、平安時代)あたりが結構好きなんです。
今、渡部昇一さんの日本の歴史①を読んでいますが、古代の神様の名前、漢字が難しすぎる。早口言葉になりそうな漢字の羅列に泣きそうになりながら読んでいます。

覚えられません

ふるーつ☆ぐらたん さん、こんにちは。

数年前から「古事記」「日本書紀」に関した本を読み始めました。
最大の難関は、神々の名前ですね。全然頭の中に入ってこないんですよ(苦笑)
だから「泣きそうになりながら」という気持ちはよくわかります。

最近は「もういいや」と開き直って、字面の上をす~っと通り過ぎてしまいます。あまりいいこととは思わないのですが(苦笑)

渡部さんは英語学者だけあって、視点の置き方が他の人と違いますね。そこから繰り出される論考がすごく新鮮です。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード