ラベル/ピアノ協奏曲

昨夜「のだめカンタービレ」を見ました。

“最終楽章 前編”を見逃したので、“後編”はしっかり見なければと思い、しっかり時間前にTVの前に坐りました。

ドラマはいつものようでしたし、使われている曲のほとんどは知っていました。
その中で一番好きなのは、ラベルのピアノ協奏曲

なんて言ったらいいんかな・・・

素敵な曲なんですよ!

粋であり、ファンタスティック。なんといってもメルヘンチックなのには弱いんですよ(笑)
2楽章の美しさと陶酔。これがたまらない。
ラベルのピアニスティックな味わいがいいし、オーケストレーションも魔術的。

メジャーな曲になっていないのが残念なくらい。


さて、僕のピアノ協奏曲との付き合いは、ベートーヴェンから。次にどこへ行ったかな・・・
モーツァルトやブラームスかな?
あとはバルトーク以外いまいちピンとこなかった。
そして数年前、プロコフィエフを知って、ラベルを知った。

「今、好きなピアノ協奏曲は?」と聞かれたら、
ラベル、プロコフィエフ、バルトークと答えるかな。

5年後、10年後はベートーヴェンやモーツァルトに回帰しているかもしれませんが。


ラベルのピアノ協奏曲は数枚CDを持っています。
その中でのお気に入りは、カッチェンのピアノとケルテス/ロンドン響による演奏です。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ラヴェル : ピアノ協奏曲

「のだめ」を見ていて
どっかで聴いたことがあるなぁ?
って思っていたら・・・・・
去年の3月
兵庫芸術文化センター管弦楽団の
定期演奏会で聴きました!

おしゃれ~な曲ですね!

生で!

タマーズ雅さん、こんにちは。

ラベルのピアノ協奏曲を生で聴かれたんですね!
よかったですね。

20代の5年間は、京都や大阪でコンサート通いをしました。田舎に引っ込んでから、クラシック・コンサートはまれにしか行きません。
(吹奏楽は常に現場におりますが・・・)

なかなか機会はありませんが、ラベルのピアノ協奏曲はぜひ生で聴きたいものです!


この曲いいでしょう!
フランス人の感覚というか、ラベルのセンスのよさというか、粋な曲ですね。

ラヴェルの2つのピアノ協奏曲

こんにちは。ラヴェル、プロコフィエフ、バルトークのピアノ協奏曲のなかで、ラヴェルが一番とっつきやすくて人気があるように思います。
現代のピアノ協奏曲のなかでは、わりとメジャーな方ですね。ゴジラのモチーフはいつ聴いても面白いです。
有名なのは、フランソワ、ミケランジェリ、アルゲリッチの録音あたりでしょうか。この中では、ミケランジェリが研ぎ澄まされたクールさがあって、良いですね。リヒテルも賞賛してました。

ラヴェルは左手のコンチェルトも作曲していて、こっちは全くマイナーですね。
神経系か何かの病気だったラヴェルが、長い時間をかけて大変苦労して書いた曲だったはずです。
両手の曲よりもずっと難曲なので、とても左手だけで弾いているようには思えないです。
曲想もより現代的で、陰翳も濃く、繰り返して聴くとこちらの方がだんだん好きになりました。

No title

yoshimiさん、こんにちは。

遅い返事で申し訳ありません。
昨日と一昨日はPCを開ける時間もありませんでした。

フランソワ、ミケランジェリ、アルゲリッチは一通り聞きました。
ゴールデンウィークはゆっくり時間がとれるので、これらを聞きなおしたいですね。
ミケランジェリは特に注意してみます。

さきほど、左手のための協奏曲を聞きなおしてみました。久しぶりになります。

改めて、本当に左手だけで弾いているの?と思ってしまいます。
それから、以前はそんなにいいとは思わなかったのですが、今回はかなり印象がよくなりました。
なぜかわかりませんが・・・、繰り返し聞いて良さがわかってくる曲なんでしょうか?
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード