検証「駆ける」

昨夜からの雨が降りやまず、祭りの屋台ひきや神輿かつぎは中止になりました。
夜の部の屋台ひきは、実施されます。

先日の記事「駆ける」で、北畠顕家の強行軍の速さをみました。
1日40km以上の移動でした。

軍は騎馬ばかりではありません。徒歩の兵が多くいました。
時速4kmの速さであれば、毎日10時間歩いたことになります。
12月下旬から1月上旬ですから、1年で最も日の短い時季です。まだ暗い6時に出発して、休憩をトータル1時間として、日没後の5時まで歩くことになります。

走った場合は
マラソンのトップランナーと同じスピードであれば、たったの2時間です。
でも実際はありえませんね(笑)
具足を身につけ、武器を持った状態では、そんなスピードはでません。

仮に半分の速さであれば4時間。休憩は徒歩の2倍は必要として2時間。合計6時間が移動にあてられます。

ところでどうなんでしょう?
市民マラソンで42.195kmを完走されたことある方に聞いてみたいです。
4時間くらいで完走された方に、「具足を身につけ、武器を持って、休憩をしながら6時間で走れますか?」と。
さらに「2週間休まず、走り続けられますか?」と。

机上の空論でなく、実感が聞きたい。


間寛平のアースマラソンをみると
 DAY
 843
 41040km
となっています。

「843」は走破に要した日数ということでしょうか?
そうであれば、41040÷843=48.68・・・
1日あたり49km弱。

北畠軍が足利軍と2度戦をしているから、その間は行軍スピードは0になる。そう考えると、間寛平と同じくらいのスピードかと思われます。


後半の7日間は1日あたり約30kmとペースダウンしています。
これは天竜川や木曽川・長良川・揖斐川等の渡河に時間を要したためと思われます。
(騎馬と徒歩による移動だけではありません。大量の荷駄を運ばなければなりません。これを川の向こう岸に渡すのにかなり時間がかかったと思います)
ですから、陸上での移動スピードはそんなに変わらないと思います。


今の時代、多賀城(仙台市の東にある町です)から滋賀県大津まで3週間半で駆けろと言われたら、どれくらいの人が落伍せずに完走できるでしょうか?

ちなみに僕は1日目でアウトですけどね(苦笑)

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして。

私は少し前までランニング大好き人間でして、フルマラソンの自己ベストはちょうど4時間です。

装備をつけて走る、しかも6時間程度は、とても考えられません。
35km過ぎはどうもエネルギーの使い方が変わるようで、急につらくなります。

フルマラソンは通常のウェアだけでも、ギリギリ、テンぱった状況なので、それ以上のことはとても考えられません。

間寛平さんのようなエリートランナーならば可能かもしれませんね。

今後とも

ST Rockerさん、こんにちは。

>フルマラソンの自己ベストはちょうど4時間です<
フルマラソンの経験があることが素晴らしいです。
僕なんか、中学校の校内マラソンで9km走りましたが、それ以上の距離を走ったことがありません。
ですから、42.195km完走すること自体が驚異に思えます。

>装備をつけて走る、しかも6時間程度は、とても考えられません<
経験がないから、机上の計算になり空論になるのだと思います。
ST Rockerさん経験からの言葉は参考になります。ありがとうございます。

休憩を入れながらの6時間が無理なら、7時間あるいは8時間かかるのでしょうか?
いずれにしろギリギリの状態で、一日中駆けていることになると思います。

軍の規模(数万人)と走破距離とスピードで考えると、日本史上他に例がないかもしれません。


コメント感謝です。
今後ともよろしくお願いします。

No title

よんちゃんさん

こちらこそありがとうございます。

私もある時期までは42kmを走る人間は特別な能力を持った人間だと思っていました。
32歳の時に自宅前の坂を200m上るだけで息が上がっていたのが、2km、5km、10km、ハーフ、30kmと徐々に伸びて行きました。
普通の人なら誰でもできることだとわかりました。
ただ、昨日も書きましたように35km過ぎは独特の頑張りが必要なので、ここだけ少し努力は必要ですけど。

途中で休憩を入れるとなると少し話しは違ってくるかもしれません。
装備を付けて休憩込みで7、8時間は可能かもしれません。
ただ、いずれにせよこれを連日続けるのは並の能力ではないと思います。

こちらこそこれからもよろしくお願いします。

No title

ST Rockerさん、こんにちは。

>普通の人なら誰でもできることだとわかりました<
そうなんですか!

自分に置き換えてみると、ほんまにそうなのか?と思ってしまいますが、南北朝時代の兵士って、考えてみれば普通の人たちですよね。

騎馬に乗らない兵士は、兼業農民がほとんどだと思われます。
そういった普通の人たちが、日々鍛えられていったら、1日40kmも可能だといえるような気がします。

>装備を付けて休憩込みで7、8時間は可能かもしれません<
ランナーとしての感覚でおっしゃていただいているので、大変参考になります。

最低7,8時間で、実際はもっとかかるかもしれない、と考えます。
当時の道路事情はよくわかりませんが、一般の道の他に野を駆け山を駆け、道なきところも駆けたのだと思うと、すさまじいもんがあります。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード