菜の花忌

今日は菜の花忌

司馬遼太郎が亡くなったのが、1996年(平成8年)2月12日。
いつからか命日が「菜の花忌」と呼ばれています。
(菜の花忌についてはこちらを → http://www.shibazaidan.or.jp/16nanohana/index.html)


そう、あれから15年経ちました。


今「街道をついてゆく」を読んでいます。
9484.jpg
2007年8月から朝日新聞に連載され、2008年6月に発売されました。このことを僕は知らず、今月発売になったばかりの文庫本を、先日書店でたまたま見つけました。(現在半分ほど読めました)

写真にあるように左が司馬さん、真ん中がみどり夫人、そして右が著者の村井さんです。バックに写るのは名古屋城天守閣です。
おそらく「濃尾参州記」の取材旅行で撮られたスナップだと思います。となると最晩年の司馬さんの写真になりますね。

それにしても「街道をついてゆく」とは、うまいネーミングですね!

?頭の中に「?」がいっぱい出た方のために説明します?
司馬遼太郎の重要な作品群の一つに「街道をゆく」があります。
1971(昭和46)年から亡くなる1996年まで書き続けられ、全43冊になる作品です。

その25年間に担当記者が5人しました。
担当者の仕事は様々な打ち合わせや原稿の受け取り等、そして取材旅行の同伴があります。

まさに司馬さんに“ついて”ゆくのです。

村井さんは最後の担当者で6年間ともにしました。
36巻の「本所深川散歩・神田界隈」から、43巻の「濃尾参州記」までです。

この本はその間におけるエピソードがいっぱい語られています。
司馬さんの生の姿を知ることができる、これが最大の魅力です。
偏食、低体温と低血圧、風邪を極端に恐れること、しゃべったことはオフレコにならない等、意外な面を知ることができました。

また、「街道をゆく」最後の8巻のサイドストーリーにもなります。
既に読んだ本もあれば、まだの本もあります。この本を片手に読み、また読み直すもの一興かなと思います。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

司馬さんがお亡くなりになってもう15年なんですね。
「街道をついてゆく」は知りませんでした。
「街道をゆく」は興味のありそうな場所を、古書店で集めました。東大阪にある「司馬遼太郎記念館」にも行きました。庭からは、司馬さんの部屋も見られました。確か大きなソファがあってここでいろいろ思いを巡らされていたんだなぁと思うと、ちょっと感激しました。
村井重俊さんの「「街道をついてゆく」興味深い本をありがとうございました。

No title

水無月さん、こんにちは。

わが町の書店は小さく、それに比例して新刊本のコーナーも狭いです。そこでたまたま「街道をついてゆく」を見つけました。

本との出会いに「縁」のようなものを感じる時がありますが、今回もそうです。よい本にめぐり合いました。

「司馬遼太郎記念館」に行かれたことがあるんですね!
僕は行ったことがありません。
ずっと行きたいと思っているのですが、なかなか機会がありません。
なんとか実現させたいものです。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード