KAGEROU

齋藤智裕 著 「KAGEROU」

03345627.jpg

この本には、ちょっぴり関心がありました。

ハッキリ言って野次馬根性ですが(苦笑)
なので、買って読もうとは思いません。たまたま知人が持っていたので、借りました(漠?)

読む前の周囲の評はかんばしくありません。
まあ、話の種にはなるかな、という軽い気持ちで読み始めましたが、なかなかどうして。しっかりとした文章じゃないですか。
比喩表現も処女作にしては上手いんじゃない、といっぱしの評論家気取りで思いました。(普通の小説なんてあまり読まないのにね・・・)

ストーリー展開もそれなりに楽しめましたよ。

でも普通の小説かな・・・、というのが正直な感想。
だから、出版社側の宣伝文句がやたら浮いて見えます。
また、俳優の水嶋ヒロという名前と、彼の作家デビュー作であること。さらにポプラ社小説大賞受賞ということで大きく騒いだので、実体である小説とのギャップが大きくなってしまった。
それだけのことです。

無名の作家の小説が、初めて単行本として出版されました、と思って読めばいいと思います。
そうすれば、そこそこ楽しめるし、それなりにいい作品だと思います。そして今後楽しみな作家の一人にいれてもいいんじゃないかと思います。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード