FC2ブログ

サプライズ人事

今回の組閣に「サプライズ人事」という言葉は聞かれませんでした。
いや、僕が耳にしなかったのかもしれません。

何が驚きかというと、与謝野馨の経済財政相と社会保障・税の一体改革を担当する特命相になったこと。
僕にすれば、すごい驚きです。直前まで野党だった人を内閣に取り込んだから。しかも連立を組んだ相手ではないんですよ。

(ちょっと脱線して・・・
うがった見方をしますが、民主党とたちあがれ日本の連立話の裏に、与謝野さんの入閣が確約されていたのかな・・・と)


それから今回の組閣にサプライズ性がもたれなかったのは、小幅な改造内閣であったことと、人事に関する情報がダダ漏れだったことが理由ではないかと思います。

それにしても、今回の人事情報のダダ漏れぶりは酷いですね。

民主党の情報管理の甘さなのか?

・・・というと、そうでもないでしょう。
一昨年の政権交代後、鳩山内閣が発足する時には、完全な情報統制をしましたから。
だから民主党の?とはいえないかもしれません。


それはそうと「サプライズ人事」という言葉はいつから聞かれるようになったのでしょう?
はっきりとした記憶はありませんが、小泉さんの時には確実にありました。

それ以降の自民党内閣改造時には、それを煽っている雰囲気もマスコミにありました。
今回は全くそんな雰囲気はありませんでした。


今日の文はまとまりがありませんが(苦笑)
まとまらないついでに書くと、

与謝野さんの入閣には賛否があるでしょう。
投じた石はとてつもなく重いと思うのです。

僕の興味は、管さんが、どれだけ局面を読んで起用したのか?
どれだけ先を見越しているのか?
影響の大きさも予測しているのか?
ということ。そこが知りたい。

行き当たりばったり風が時々見られるので、今回もその流れの中でとらえたらいいのか?そうでないのか?
社会保障と税の一体改革には最適な人選と考えての起用なのか?

与謝野さん起用は大きなリスクを抱えた、といえる部分もあると思います。

さあ、これからどうなるのか。
またまた政治から目が離せません。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード