ウソをつけ!

12月3日にアップした「転職」という記事の続きです。

タイトルの「ウソをつけ」とは、嘘をつきなさいという意味ではありません。
会話の相手が、白々しい嘘を言ったり、心にもないことを言った時に、心の中で思わず出てくることばです。

生命保険の営業を12月からスタートした友人が、支店長と一緒に来ました。先週の事です。

前回友人が一人で来たときにアンケートを取ったり、保険の証券をコピーしたのを基に資料を作成してきました。
説明をする時、資料を持つ手の指先が細かく震えています。

緊張指しているんだ、ガンバレ!と心のうちで思う。
僕も大きな演奏会では、いまだに1曲目で指先が震える(笑)
そんな自分のことを思い秘かに応援。

何だかんだと話したりしているうちに、ほとんど支店長が話すようになる。
現在の保険の不備のところを指摘して、ある時

「万が一の時、残された家族の方が心配です」と


なに?

ウソをつけ!

保険の足らないところを指摘され、ちょっと不安になりかかっていたので、この言葉で一気に白けてしまった。


今日初めて会ったのに「心配です」だと?
あなたとわたしはどういう関係?
家族親族あるいは深くお付き合いさせていただいている方々から「心配です」と言われれば、素直に受け取るが、そんな関係でないあなたの「心配です」の言葉にどれほど気持ちがこもっているのか!?
白々しい営業トークめ!

「心配です」はその場だけの言葉で、帰りの車中で、今日のお客様は○○、あなたのトークは△△、これから□□と話しているのだろう。
もう僕のことや、万が一に残された家族のことなどこれっぽっちも思っていないだろう。

保険を勧めるために来たのではありません。話を聞いてほしいだけですだと・・・

心にもないことを言って、白々しい営業トークをするのなら、ビジネスとして生命保険を商品として売れよ!正々堂々と!


こんなに吠える僕って変かな?

まあ、そんな客がいてもいいんじゃない(笑)

FC2 Blog Ranking
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

続編ですね?

よんちゃんさま♪コーヒータイムからこんにちは♪

(笑)大いに吠えてください☆
よんちゃんさまの感想こそが“天の声”なのです(笑)

お客様の不安を煽って保障(補償)内容を膨らます手法…いまだにあったのですか…。


よんちゃんさまのお考えは、時代にフィットしていますよ♪
“手ごわいお客様”でいて下さい。




No title

ジョビジョバさん、こんにちは。

続編ですよ。

これを保険関係の人は読んで、トークマニュアルを作っているかもしれませんね。白々しく「心配ですね」といわないことと(笑)

安心を売る商売だからこそ、不安を煽るという売りのテクニックがある。なにやら逆説めいていますが、実際あるのでしょうか?
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード