FC2ブログ

詩論?

ノーベル平和賞を授賞した中国の民主活動家の劉暁波氏。

ひょっとして漢王室の末裔?と突拍子もないことを思ってしまいました(笑)

漢は劉邦に始まり、後漢は劉秀に始まる。さらに蜀は劉備に始まるのです。

お隣の韓国・北朝鮮は系図がしっかりしていると聞いたことがあります。
中国はどうなんでしょう?全然期待してないけど、漢王室の末裔だったら面白いなと、理由もなく思います。


さて、ここのところ調子に乗って?詩らしきものを二つ書いてみました。
自然描写の詩(?)です。
僕は味もそっけもない人間ので、ロマンチックなものは書けないのです(苦笑)

周りの自然を見て、感じて、いいなと思ったことを文に表そうとした時、だらだらと書いても、僕の今の文章力では無理だと思っています。
だったら言葉を短く、古文調・漢文調にしようと。
言葉の響きが僕の好みにあうから。

ということで書いてみました。


ここで詩論を展開します。
感動を文で表す時、短ければ短いほどよい。
例えば、100の思いを100文字で表せは、1文字当たり1の思いしかのせることができない。
これを20文字の詩にすれば、1文字当たり5の思いをのせることができる。
だから詩の方がよい。人を感動させることもできる。

どうです、この考え方は?

これは、僕の実感を伴った考えではないので、単なる理論のための理論で、屁理屈にしかすぎません。

こんな論破ができるかもしれません。
ある景勝の地で、素晴らしい景色に感動して、紀行文、詩、短歌、俳句をそれぞれ作ってみた。
先ほどの理屈で言えば、文字数が少ないほど思いがたくさんのりますから、俳句が一番いいということになります。

どうですか?
常日頃俳句に親しんでいる方であれば、俳句が一番いいかもしれません。ところが、詩が好きで詩作を常になさっている方なら、詩の方が素晴らしいものになるでしょう。
人には得手不得手があるのです。

また、プロの俳人、歌人、詩人、随筆家が同じ感動を表した場合、先ほどの数式なら常に俳句が勝ることになりますが、結果はそうともいえないでしょう。全て素晴らしい文章で、違った味わいがあって、鑑賞する側はそれぞれに愉しむことができます。


ということで、毒にも薬にもならない「理屈こね」をしてみました。
皆さんの貴重な時間を潰して、すみません(笑)

FC2 Blog Ranking
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは。

下手な情緒より明晰な論理のほうが、よほど納得の感動を与えると思うのですが。実はあらゆる芸術といわれているものは、理論なくしては成り立たないものです。絵画も彫刻も音楽も厳然とした論理に従っています。「感性、感性」とだけ喚いている人は、思考回路が劣っている証拠でしょう。かくいう私もそうです。
生まれてこのかた、論争で勝った記憶がありません。なのでサラリーマン生活は、常に会議での発言にオタオタしていた劣等社員でした。出世などとんでもないことで、定年前に止めざるをえませんでした。今、再びこうして論旨の明確な方と交信させていただくことになりましたが、半分、後悔しています。
それで、音楽、芸術はもとより政治、歴史、社会問題にと、造詣あくまで深く、舌鋒あくまで鋭いおそるべき方を紹介します。知的向上心のとても強いWINDさん。論争を挑んで、必ず満足なさると思います。「火山の独り言」で検索してみてください。私は眼中にないほどの訪問人でしたので、NANTEIの名前は出さないでください。

No title

NANTEI さん、こんにちは。

>サラリーマン生活は、常に会議での発言にオタオタしていた劣等社員でした<
僕は今、自営業をしていますが、以前は会社勤めもしていました。
会議ではまともに発言もせず、仮にしてもすぐ論破されていました。
頭の回転が遅く、議論の流れに乗っていけなかったのです。

今こうしてブログにいろいろと書いてますが、ふと思いついたことをしばらく考えてから書いています。

コメントの返事が一日遅くなりました。
ご紹介の「火山の独り言」を読んでからと思ったからです。
このブログは素晴らしいですね。ずっと読みふけっていました。
僕など太刀打ちもできません。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード