FC2ブログ

地殻変動

司馬遼太郎の「箱根の坂」中巻を読み終えました。

この小説は北条早雲を追っかけているだけではありません。
室町時代や戦国時代とは何かを問いかけています。

司馬さん特有の“余談”という形でいろいろと語られています。

それらを読んでいて、室町期というのは、日本社会が地殻変動を起こしている時代。という印象を持ちました。

日本の歴史において社会が大きく変化していくときがあります。
縄文?弥生はよくわからないのでパス(苦笑)
その後でいえば武士の起こりです。

その前後で社会構造が変わります。

どうやら室町期も同じくらいの変わりようみたいです。

この時期に、百姓(地侍や国人を含む)が力をつけ、世を動かすようになったことです。

5年とか10年という短いスパンでありません、かなり長い年月をかけじわりじわりと地殻が変動し、社会を揺らし続けます。

この変化を早雲は敏感に感じ取っていますが、他の人たちはわかりません。


この本の後半になって、

ひょっとして2010年、日本社会の地殻変動期の真っただ中にいるのか?!

という思いに取りつかれてしまいました。


地殻変動期は世の中が不安定になります。
平安末期がそうです。室町時代もそうです。

今の時代も不安定です。
だから・・・というと、いかにも短絡的ですが。

FC2 Blog Ranking
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード