ドラフト記事を読んで

豊作の年というのがあるのでしょうか?

今年がそれに当たるようです。

あ、ごめんなさい。農作物ではありません。プロ野球ドラフト会議の話です。

ハンカチ王子とマーくんの同級生がドラフトの目玉でした。
以前、松坂世代といわれた年まわりがありましたが、今年はそれ以来という感があります。

自分の就職先がくじで決まる。
こういう言い方をすると理不尽な印象を受けますが、ドラフト会議がまさにそれです。

ここでの結果が、「運」なのかその人の「運命」なのか、僕にはわかりません。
意中の球団であろうとなかろうと、それにどう対処するかは本人次第です。また、本人の人生にとっていいことなのかどうかもわかりません。

ハンカチ王子こと斎藤投手が日本ハムに指名されました。
高校、大学と一線で活躍してきた選手がプロでも活躍できる保証はありません。斎藤もそうだと思います。
けれども彼にとって幸運なのは、日ハムにはダルビッシュがいること。

ノムさんが「一流が一流を育てる」ということを言いました(たしか言ったはず・・・)

日本のエースダルビッシュを最低でも1年間近に見、接し、感じることができること。
学ぶこと、感得することの大きさはとてつもないものだと思います。


高校時代は無名でも大学に入ってから頭角を現す選手がいること。
新聞を読んで知りました。
そういえば上原もそうだったなァ。

育成の枠に辛うじて入った後、這い上がる選手もいます。

人生は大波小波、上がったり下がったりします。
上昇気流に乗ってグッと上がるのは、いつなのかわからないと思わされます。


さて日本シリーズが迫ってきました。

落合監督のことですが、現役の頃は一匹狼という印象があって、まさか監督をするとは思っていませんでした。
中日の監督就任のニュースを聞いてビックリしたことを覚えています。

同じよな驚きがあるとすれば

10年後、現役を引退していたイチローが、コーチ経験なく、いきなりオリックスの監督になること。

それ以外ありえない(笑)

FC2 Blog Ranking
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード