FC2ブログ

マンチュリアン・リポート

張作霖

高校の世界史で名前だけ覚えた、それだけの存在でした。それが浅田次郎の「中原の虹」で一変します。

憧れの存在になったのです。

一言でいえば“惚れた”

ということになるでしょうか。

「中原の虹」は満州を実質的に支配していた張作霖が、袁世凱が死に混乱していた漢土を支配するために万里の長城を越えるところで終わりました。
そのあとどうなったのだろう?と知りたくて、続編を待っていたところでした。

それが「マンチュリアン・リポート」

I4062165007L.png

昭和3年6月4日未明。
張作霖を乗せた列車が日本の関東軍によって爆破された。
一国の事実上の元首を独断で暗殺する暴挙に昭和天皇は激怒し、誰よりも強く、「真実」を知りたいと願った。
それで密使を派遣し、報告書を送らせた。

それが「満州報告書」(マンチュリアン・リポート)です。


万里の長城を越えてから、爆殺事件の前日までの張作霖を詳しく知りたかった僕には、物足らないものです。しかし爆殺事件の背景はよくわかりました。

大正から昭和にかけての日本の中国政策、満州政策の概略がつかめます。軍部の狙い、関東軍の思惑など様々に絡んだもの・・・


歴史って、細部を知れば知るほど面白くなりますね。

教科書の記述は無味乾燥です。歴史は“ものがたり”として聞けばどれだけおもしろいか!
必死で生きた人の生き様に共感し、また反発し、批判もする。思い入れもすれば、冷静に学ぶこともできる。

今日はここまでです。続編は思い入れたっぷりに書きますよ(笑)

FC2 Blog Ranking
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは、
歴史は、興味がないと全く関心がありませんが、自分の視点で
探ると結構面白いものがありますよね。
私の場合は、視点が定まらずウロウロしていますが・・・。^o^

No title

piglet01さん、こんにちは。

>自分の視点で探ると結構面白いものがありますよね<
たしかにそうですね。
面白くなりだすと、さらに深く知りたくなり、知ると更に面白くなりますよね。

>私の場合は、視点が定まらずウロウロしていますが・・・<
何をおっしゃいますやら。
名城シリーズ、そして現在進行中の石田三成シリーズ、戦国武将シリーズなど興味深く読ませていただいています。

piglet01さんの記事は毎回が楽しみです。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード