Cミュージック・フェスタ

昨日は、ミュージック・フェスタがありました。

少年少女の合唱、大人の合唱、琴、弦楽合奏、吹奏楽など町内の計9団体が演奏しました。

朝10時集合して、帰宅が5時頃、演奏は15分程度なのに拘束時間が長く、さすがに疲れました。
空いている時間は館内に図書室があったので、本を読むが外を見てぼ?っとする、そして居眠り、という時間の過ごし方でした。

さて、我が楽団の演奏は9月23日の吹奏楽フェスティバルと同じ演目。「ワルツ?仮面舞踏会より」「大草原の歌」

ステージがよくある多目的ホールなので、舞台の横や天井に反響版がありません。だから音は逃げるは、吸い込まれるはで、あまりいい演奏環境ではありません。
と、文句を言っても仕方のないこと。その時そのときでベストをつくすことです。

昨日は「大草原の歌」が終わったとき、拍手の前に客席のご婦人の「すてき」という声がありました。

決してレベルの高い演奏ではありませんが、演奏終了後自然に出た声というのが嬉しいですね。


ミュージック・フェスタ最後はホール内のお客様と弦楽合奏団と我が吹奏楽団による「大きな古時計」
まあまあいい感じじゃなかったでしょうか。


本番数日前、弦楽合奏との練習で感じたこと。
「大きな古時計」のメロディは、1拍目と3拍目が4分音符、2拍目と4拍目が8分音符二つという小節が多い。
この8分音符の長さの取り方が、弦の方と我が楽団の管楽器と違ったのです。
始めて曲を合わせたときに、弦が長めになり、管が短めになっていてずれが生じたのです。

弦は歌わせようとしたのか?初心者が多いということなので、ボーイングつまり弓を動かすスピードが遅かったのか?
管は事前の練習する余裕がなかったので、初見に近い状態です。だから吹き急いだのか?

これは謎です。
しかし当日リハも含め30分しか合奏できる時間がなかったので、謎を解明するに必要な時間がなかった(笑)
永遠の謎かもしれません(笑)


ところで弦楽合奏団。
昨日は20名ほどでしたが、我が田舎では初めての弦楽合奏団ではないでしょうか!

吹奏楽経験者はそこそこいますが、弦楽器経験者はあまりいるように見えません。僕の知らないところにそれなりの数はいるかもしれませんが・・・
しかし、弦楽合奏をする団体はたぶんないと思います。

数年前から短期のヴァイオリン教室があって、その卒業生の方が続けていきたいということで生まれたようです。
ですから初心者レベルの人が大半ですが、今後人数も増え、レベルも向上していく予感があるので、とても楽しみにしています。

それから10年、20年後小さいながらもオーケストラができたりして・・・
これは、オーケストラの指揮をしたいという下心を含む楽観的予想です(笑)

FC2 Blog Ranking
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。
いつも音楽の現場におられるのは、羨ましいことです。
小生も老骨に鞭打って、ペットで参加したい気持ちになりますが、
ハイトーンに挑んで脳血管でも切れたら・・・と二の足を踏んでしまいます(笑)。

ぜひ

NANTEIさん、こんにちは。

今はたまたま音楽の現場にいますが、ブランクの期間も長くありました。

アマチュアでレベルも高くありませんが、生の音と共におれるのは幸せです。

NANTEIさんもぜひ参加をされては!

最初はサードで低音を担当し、少しずつセカンドをまわしてもらい、やがてファーストを吹いて、ハイトーンはお手の物・・・・という○ヶ年計画でどうでしょう。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード