FC2ブログ

阪急電車(1)

京都市内を走る私鉄は4つ。「阪急」「京阪」「近鉄」「嵐電」。

この中で学生時代に乗る回数が多かったのが阪急電車。
四条河原町、四条烏丸、四条大宮の3駅から乗ることが多く、向かうのはほとんど大阪梅田。

有川浩の「阪急電車」の舞台となる宝塚近辺は社会人になってから行くことがありました。
梅田?宝塚を走る宝塚線。宝塚?西宮北口を走る今津線。どちらも乗ったことがあります。

7120.jpg

ところで皆さん。
小説を読んで情景が浮かびますか。

僕はイマジネーションがないというか、想像力が希薄なため、小説を読んでもそれぞれのところで描かれる情景が、頭の中で映像化されません。

しかし「阪急電車」では、かなりリアルに映像が出てくるのです。

有川浩の描写力が素晴らしいのでしょうか?

宝塚の町や小説の舞台となる阪急電車今津線の車内や車外の雰囲気を肌で感じて知っています。もろもろのことが僕の五感に記憶されているのですが、これらを呼び覚まし映像化させる文章力が有川浩にあるのでしょうか?

ある。

確たることは言えませんが、そう言ってしまいたいものが僕の中にあります。


また登場人物の話す関西弁がいいんですね。
京阪神の私鉄やJR、地下鉄に乗っていたら、どこかから聞こえてくる会話がそのまま載せてある感じがします。
これも僕の映像化を助けえてくれました。

FC2 Blog Ranking

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

映像化、得意です

こんばんは♪ご無沙汰です☆

関西弁の小説、いいですよね。
私は、情景の描写や言葉のチョイスがうまい小説が好きですが、ほとんど関西弁のカギカッコでできているような小説も大好きです。
妄想癖ゆえ、登場人物とひと時を共に生きたかのような錯覚に陥ることもしばしば…☆

私はもともと子供の頃から読書嫌いだと思い込んでいたのですが、どうやらその原因は夏休みの読書感想文にあったようです(笑)
ちっともピンと来ない推薦図書を読み切らなくちゃならない苦痛(笑)
「世界中が感動したという本なのに…なんとも思わないなんて…私はダメな人間だ。」そう実感しつつ、8月31日に泣きながら上っ面な感想文を書いたものです(オヨヨ…)
今から思えば「退屈な本でした。」とか正直に書いても良かったかな?と思います。学校の先生はさてどうしたでしょうね?

その点、今の指定図書は柔らかくてうらやましいですね。

「読み始めておもろなかったらドンドン他いったらええんや。」
そう気づいてからは読書が楽しくなりました。



以前、友達からさりげなく薦められて長編シリーズの作品と出会いました。
オール関西弁で、登場人物の人柄がみんな素敵☆会ってみたくなりました。みんな愛おしくてもう宝物です。読みやすくて楽しいのに、たくさんの大きなものが底に残る作品でした。
読破後は本棚のガラス張りの部分に並べてあります。

その本を薦めてくれた人はどこかへ行ってしまいました。薦めるだけ薦めといてからに…(笑)

感謝です。

本との出会いは人との出会いに似ていますね。


長くなりました。久しぶりだから許ちて~~☆












No title

ジョビジョバさん、こんにちは。

>妄想癖ゆえ、登場人物とひと時を共に生きたかのような錯覚に陥ることもしばしば…☆ <
そこがうらやましいですね!僕もそうありたいと願うばかりです。

読書感想文というのは多くの子にとって苦痛でしょうね。
強制的にでも読ませなければいけないのか。
読書感想文が読書嫌いを増やす。
などと考えることは大切でしょうが、それは学校の先生にまかせましょうか。

本との出会いは不思議なものです。
縁かもしれません?

出会った本の何割かは宝物になっています。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード