FC2ブログ

民のための政治

鼻歌。

よくするんですよ。ついついメロディを口ずさんでしまうのです。

月曜日も火曜日もそして今日も「たなばた」と「久石譲作品集3」のHANA_BIを歌っています。
ついでに手も腕も動きます(笑)


僕は本が好きですが、読書計画は立てません。導かれるままに読んでいます。
なぜかしら今年は中国ものが目立っています。(歴史ものといえば、いつも日本史がダントツ、ついで西洋史なのですが)

・浅田次郎の清朝末期もの。
「蒼穹の昴」「珍妃の井戸」「中原の虹」

・北方謙三の「水滸伝」、4巻まで読みました。

・新聞連載中の「草原の風」(宮城谷昌光)

これら作品を読んでいて、強烈に感じさせるのが「民のための政治」ということ。

浅田作品は3部作(?)における、
清朝建国に関わる愛新覚羅ヌルハチとその子達の「我が勲は民の平安
西太后その他の「四億の民草のために」など

「民のために」という強い思いがストレートに伝わってきます。
ここには浅田次郎が作中人物に仮託して語りたかった「民のための政治」という思いがあるのかもしれません。

「水滸伝」では
「この国は腐っている」という言葉がよく出てきます。国の政治に携わるものがが腐っている。役人は賄賂づけになっている。民は苦しんでいる。
何とかしなければならない。この国を倒さなければならない。そして新しい国を作らなければならない。「民のための政治」をしなければならない。

これが繰り返し出てきます。
原典の「水滸伝」を読んでいないのでなんともいえませんが、北方「水滸伝」は「民のため」という強烈な思いが書かれています。


中国の政治思想に「民のための政治」という考えがあるのでしょうか?
論語に始まる儒教思想にあるのか?
諸子百家の思想にあったのか?
「徳」という考えにそれがあるのか?
中国のことはさっぱりわからないので、頭の中は“クエスチョンマーク”のみです。

一方浅田、北方の思想が小説の形をとって主張されたのか?
と考えてみたり。

両方かなと思ってみたり。

うだうだと考えつつも、小説中繰り返し表れる言葉は、僕の中に「民のための」という言葉を刻印しました。

そして、ついつい日本の政治を考えてしまいます。
今の政治家に「民のための政治」という意識がどれほどあるのかと。
政局に目を奪われ過ぎていないのかと。

FC2 Blog Ranking

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。歴史がお好きなのですね(歴史に限りませんか)。
私も読書といえば、歴史ものが多いのですが、考古も興味があります。特に古代メソポタミアとエジプトには強くひかれています。
中国史については「十八史略」を読むと、元の時代まで俯瞰することができます。面白いですよ。
昨日の秀吉の経済政策のことですが、私にはわかりません。
私流の考えでは、信長の政策を根本から理解し得たこと、それを継承発展させようとしたこと、またそのために抱えた近江出身の経済官僚の進言をよく聞いたこと。そんなあやふやなことしか、言えません。(言わなかったほうがよかったかな?)。失礼。

No title

NANTEIさん、こんにちは。

古代メソポタミアとエジプトがお好きなんですね。
僕も興味があります。けれど日本史にくらべると弱いですが。

「十八史略」
日本史と違った魅力があるんでしょうね。
中国は同じ東アジアでも日本とは全く違うと聞いたことがあります。
中国という国、そして中国人を知るためにも読んでおいたほうがいいかもしれません。

秀吉の経済政策についてご意見をいただきありがとうございます。
いろいろと教えていただきながら考えを深めていきたいと思います。

気になるテーマで、今後気をつけていきます。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード