FC2ブログ

ついつい買ってしまう

お城の本はついつい買ってしまいます(苦笑)

塩野七生「絵で見る十字軍物語」を買うために本屋さんに行きました。
立ち読みしていたら、ある雑誌が目にとまりました。

magazine_img.jpg

城関連の本や雑誌で新しいものが出ていれば、必ず手に取ります。

『一個人』という雑誌です。「いっこじん」と読むそうです。

表紙の松本城天守閣の写真に目がとまりました。
お?っと思いましたが、「?入門」とあったので、期待せず開きました。
これまで雑誌で、城を特集したものがいくつかありましたが、たいした事なかったのです。『一個人』も同じようなものだろう。それでも一様目だけは通しておこうかな、そんな程度でした。

ところが!

『保存版特集 戦国武将の城入門』
保存版と銘打つだけあって、一回読んだだけでおしまいとさせないほど、内容の濃いものでした。

詳細はこちらへ
http://www.ikkojin.net/magazine/monthly/

絵、イラスト、写真が多いのが嬉しいですね。
僕の「お城の本」の愉しみ方は、文章にありません。目でみて愉しむレベルなのです。
本格的な城郭ファンには馬鹿にされそうですが(苦笑)

だから、目先が変わっただけで騙されます(?)

たとえば安土城のCG(コンピュータグラフィック)。今まで見たものを角度を変えたものが4つ。
角度やアングルを変えただけで、手元に置いて眺めていたいと思ってしまうのです。

カメラマンはこれまでの本や雑誌を研究しているのでしょうか?
それぞれのページを作る編集スタッフが優れているのでしょうか?
いっぱい掲載されている写真の多くが、僕が見慣れているものと違ったアングルや距離感を感じさせました。そこが気に入りました。

縄張り図
城の図面です。これが好きなんです。
白黒が一般的ですが、ここではカラーになっています。土塁と空堀の色があることで、立体的にわかりやすくなります。これが嬉しい。
じっと眺めています。頭の中でお城を組み立てているのです(笑)

同じ城でも、こうして目先が変わった写真や縄張り図があると買っちゃうんですね。


激闘!5大籠城戦では
戦場を俯瞰したイラストがあります。
歴史小説で読んだものや何かで知ったものがありますが、全ては文章からの情報で頭の中での想像でした。
5枚のイラストは、イラストとしてのレベルは高いとはいえないけど、戦陣図よりリアルに感じ取れるのがいいんです。

ということで大満足の1冊でした。
FC2 Blog Ranking

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

城!

こんにちは。
お城と聞いてお邪魔しました。

実は、わたしもお城萌えです。知識はかなり薄いですが、見るのが好きです。

いいですね、一個人。
今まではスルーしていた本ですが、チェックしてみようかな♪

No title

こんばんは、

記事を読むだけでも「買わなきゃ!」って感じです。

机の上には、城と武将の本が横積みで雪崩がおきています。><

がちゃぴんさん、こんにちは。

ご無沙汰しております。

>実は、わたしもお城萌えです<
そうですか!
機会があれば、お城について熱く語りましょうか(笑)

一個人

piglet01さん、こんにちは。

「日本百名城の旅」を読ませていただいて、いろんな書籍を読み研究されているのを感じます。

だから
>机の上には、城と武将の本が横積みで雪崩がおきています<
には、さもありなん!という感じがしています。

僕は城郭愛好家の初級レベルを脱していませんので「一個人」がpiglet01さんの満足されるものであるかどうか不安です。
書店で確かめてご購入下さい。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード