古池や

養老孟司、古館伊知郎「記憶がウソをつく!」を読みました。

あんまり面白くなかったな・・・というのが正直な感想。
同じ養老さんでも久石譲との対談本「耳で考える」がよかったので、期待したのですが、残念ながら外れてしまいました。

その中で一番面白いと思ったのが、“古池や 蛙飛び込む 水の音”の分析(?)

古池や →自分が見ている古池 (視覚情報)

蛙飛び込む →蛙が飛び込むという動き 運動

水の音 →音が聞こえる (聴覚情報)

「目から始まって、運動になって、耳に来る。これって、いちおう言葉の世界が凝縮されているんですよ。
言葉というのは、目と、耳と、運動ですからね」(P206)

言葉の世界が凝縮というのは、僕には理解不能ですが(苦笑)、五七五の中に3つの要素がはいっているという指摘は新鮮でした。

五感のうちの「視覚」「聴覚」が入り、運動の要素が入っている。

ナルホド!という感じでした。

僕は俳句鑑賞することもなければ発句することもありません。けれども何か使えそうですね。

ということで、僕が覚えている数少ない俳句から一つだけ分析すると
「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」

柿食えば →食べるという運動
鐘が鳴るなり →鐘の音が聞こえる
法隆寺 → ・・・ここが問題です。法隆寺が見えているのか、近くにいて法隆寺とわかっているのか?
      でも、読む人には頭の中で法隆寺の映像がイメージされていると思います。つまり視覚情報。

養老さん、どう?この分析。あってますか?

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ふむふむ…

一応、ワタクシ、視聴覚の情報提供に関わる職を持ち、
作詠時の雅号《夢雲》を師匠から賜っておりますので~~

読まれた本からの引用と、
《柿食えば~》の分析に、頷いておりますよ!

私も、その養老さんの本読んでみようかな?

~~~と~コメント書きながら、

中学2年生になった時の最初の国語の授業で
担当となられた先生が、

「Full in Care
 Car was Town become 
 Means no Auto」

といきなり板書して、生徒に「ハイこれ訳して~☆」
言われた場面も思い出しました。

みんなまじめに、机の中の英和辞典を取り出したなぁ~

先生はひたすら、笑顔だった。。。

分析

夢雲さん、こんにちは。

>《柿食えば~》の分析に、頷いておりますよ<
ありがとうございます。
俳句の世界と縁遠いものが、さも知ったかぶりで分析しました。
恥ずかしい限りです。

Full in Care ~の詩

真面目に訳そうとしましたよ(笑)
文法的に変と違う?
詩だから、文法にとらわれてはいけない。単語の意味から適当につないで大意を把握するか等考えながらPCの画面を眺めていました。

数分たち

・・・



わかりました!音読すればいいんですね!
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード