理論派

「耳で考える」(久石譲、養老孟司著)がようやく読めました。

あとがきに久石さんは

「僕はといえば、まだガチガチの理論派なのである」(P205)と書いています。

「この間も音楽大学で特別講義をおこなったとき、学生に『和声学や対位法』は徹底的に勉強した方がいい、と声を大にして言った」とあります。

ジブリその他の映画音楽作曲家というイメージがあるので意外な感じがしました。

感性にまかせ「伸びやかに赴くまま音を紡いでいければどんなに幸せか、と思うのだが現実はそんな構築性のないものは犬の遠吠えよりも聞くに堪えない」

う?んと唸ってしまいます。僕は久石さんが作曲したジブリ映画のサントラはおおよそ持っていて、よく聞きました。
「太王四神記」のサントラも素晴らしかった。

これらは「感性」と「理論」のせめぎ合いの中から生まれた作品ということでしょうか・・・

誰かに「久石譲の作品は、理論でがんじがらめになってのたうち回って作られたものだよ」と言ったとしましょう。
「そうだろうね」と頷いてくれる人がどれほどいるでしょうか。
僕がそれを言われたら「嘘だろう、そのように聞こえないよ」と言うでしょう。

逆にいえば、理論と感性のはざまにあって引き裂かれながら作られた。そのことを感じさせない曲になっている、となるでしょう。


それから久石さんはクラシック音楽にも精通していることを感じました。
本書にバッハ、モーツァルトからストラヴィンスキー、メシアン、武満徹まで出てきます。
最も感性と理論で引き裂かれた作曲家はブラームスだと分析も出てきます。

「耳で考える」は作曲家久石譲を知る上で有益な本でした。


オランダ戦、残念です。
ただ一番よい負け方をしました。なぜならデンマーク戦は引き分け以上でいいから。
デンマークが予選突破するには勝たなければならない。日本の方が有利です。
これが両チームにどういう影響を及ぼすか・・・?

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

和声と対位法は作曲の基本中の基本ですが、ボクは大嫌いでした。テキストの課題をこなすスピードは極めて遅く、先生には本気で受験する気などないと思われていただろうと思います(笑)

デンマーク戦は今まで通り落ち着いて対応すれば、結果がついてくるだろうと信じています。ボクの知らないところで良いチームができ上がっていました。レヴェルはまだまだでしょうけど、今できることはすべてやっているように思います。しっかり闘ってくれるでしょうから、我々も力の限りサポートしましょう!

ありがとうございます

久石さん、知りませんでしたが、
「大王四神紀」大好きでした。
ジブリも子供の影響でずいぶん
見ていましたから。

しかもクラシック関係の記事
面白そうですね。

とてもいい情報ありがとうございました。

No title

24hirofumiさん、こんにちは。

「司馬氏のアイーダ」ではいろいろとお世話になりました。
「風のように」もよろしくお願いします。

>和声と対位法は作曲の基本中の基本ですが、ボクは大嫌いでした<
そうなんですか。
音楽の知識は、高校の音楽で習った以上のものはないので、吹奏楽の指揮に役立つものは学びたいと思っています。
だがら、和声と対位法の基本を教えてほしいと思うのですが、実際習うと面白くともなんともないのかもしれませんね。
24hirofumiさんと同じように嫌いになったりして(笑)

それとも教え方ひとつで、面白くなったりするのでしょうか?

デンマーク戦、金曜の夜は日本中が熱くなりますね。

No title

四季歩さん、こんにちは。

「太王四神紀」はよかったですね!
家族にヨン様大ファンがいるので、お付き合いで見始めましたが、途中から真剣になりました(笑)

ジブリ作品は吹奏楽編曲されていて(何種類もあります)、よく演奏しました。
これまで演奏した曲の作曲者リストを作って、回数を記入していったら、久石さんは1位になるんじゃないでしょうか。それほどに馴染みのある作曲家です。

No title

こんにちは。久石さんの本、面白いそうですね。ちょっと読んでみようと思います。
私は作曲については全然わからないので、多分実感としてピンとくるところが少ないかもしれません。

ピアニストやピアノ演奏に関する本は、自分がピアノを弾くので、なるほど~と思うことが多いですね。作品解説でも、作曲家と演奏家の視点には違いがありますし。
レベルはともかくとして、自分で多少なりとも実践できるものは、いろいろと参考になったり、身につきますね。

No title

yoshimiさん、こんにちは。

久石さんは現代音楽の分野でも曲を作っています。
ジブリ等の映画音楽作曲家というイメージしかなかったのが、そればかりではない、いろいろな顔をもっている事を教えてくれました。

養老さんの脳の話は、僕にもっと知識があれば面白さを感じ取れただろうと思います。

yoshimiさんがブログで取り上げられていた、青柳いづみこさんの本はぼちぼち読んでいます。

青柳さんの本というと

『ピアニストが見たピアニスト』でしょうか?(他の本について書いた記憶がないので...)
あれならコンパクトにまとまった良書ですね。CDをいつもと違った視点から聴けるようになるのが良いところです。

青柳さんの本で良く売れているのはわりと面白いと評判なのは、最近出した『ぼくたちクラシックつながり』でしょう。
「のだめ」を絡めて書いているので、「のだめ」を知っている人には読みやすいそうです。私は「のだめ」は本も映画もドラマも(そんなのものあったかな?)見てみないので、この本はまた読んでないですね。
図書館に入っていれば借りようかなと思ってますけど、他にも読みたい音楽評論の本がいろいろあって、そっち優先になってます。

青柳さん

yoshimiさん、こんにちは。

そうです、『ピアニストが見たピアニスト』です。
スローテンポで読んでいて、未だに読み終えていませんが(苦笑)

また「音楽と文学の対位法」が文庫本で出版されたので、先日購入しました。楽しみにして本棚に置いてあります。

yoshimiさんがブログで紹介される本で、興味をひくものがあれば買って読むようにしています。またコメントしていただいた時に教えていただいたものはおおよそ読んでいます。

音楽以外なら佐藤雅美ですね。佐藤さんを教えていただいて感謝しています!
これからもいろいろと教えて下さい。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード