FC2ブログ

日向神話と出雲神話

昨日(1月12日)、は梅原猛の命日です。亡くなってから1年になります。

梅原さんを初めて知って、著作を読み始めたのが大学生の時です。「神々の流竄」「水底の歌」「隠された十字架」などを読みました。
20代のときに集中して読みましたが、あとはぽつりぽつりと読んできました。また気になった本は買うだけは買っておきました。

そして昨秋、ふと読みたくなって本棚から取り出してきたのが
  ↓
天皇家のふるさと

平成17年7月1日発行、とありますから14、5年前に購入したものです。


そして、この正月に読み始めたのが
   ↓
葬られた王朝

2010年6月20日 9刷とありますから、9年半ほど前に買ったのでしょう。


どちらも実際にその地を訪れて書かれています。書物だけ読んであれこれ書いているのではありません。遺跡をたずね神社をたずね、宮司や関係者から話を聞き、現地に立ってそこから感じ取られるもの感じ取って書かれています。

そこがおもしろい!



「令和」の出典が国書である万葉集から。ここから記紀万葉に読者のシフトの一部が移りました。
もともと古代史は好きなのですが、記紀万葉そのものでなく、歴史的事項が題材になっている本を読んできました。

いよいよ本丸を目指すようになった、ということでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

なつかしく思い出しました、、、梅原氏

今から20年以上も前、
氏の著作を気にして次々と読んだ記憶があります。
以降、マスコミで伝わってくるご活躍を目にしながらも、
それからずいぶん時がたって忘れていました。
それが、そうですね、ちょうど1年前になりますか
その朝、突然、氏の姿が意識に昇ってきて、
どうなさっているのか、、、と1日中気になりました。
すると即日、お亡くなりになったとニュースが!
胸騒ぎがしたのが、そのことだったと分かりました。
なつかしさと、どこか、氏と繋がっていたのかと不思議な気がしたものです。
ご自宅は京大の近くの哲学の小径?沿いにありましたね。

No title

若い時「地獄の思想」を読んでとても面白かったので、柿本人麻呂や聖徳太子などを読んでいたのですが、梅原先生が浄土宗に興味を持たれてからは、観念的な文章が多くなり、晩年の本はあまり読んでいません。

No title

cosmos さん、こんにちは。

思い出話と昨年のこと興味深く拝読しました。
「氏の姿が意識に昇ってきて」というところは、不可思議のようであり必然でもあるような気がします。

自宅が哲学の道あたりにあるのは知りませんでした。

No title

悠村さん、こんにちは。

「地獄の思想」は、読んだような読んでないような・・・記憶に定かではありません(涙)
古代史ものを5冊以上は読みました。それ以外のものはおそらく読んでないと思います。

記事に書いた2冊は書店で見つけ、とりあえず買っておこうと思ったものです。本に積もったほこりをようなく払うことができました(笑)
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード