名前のタブー

大リーグが開幕しました。
今年はイチローや松井、その他日本人選手はどんな活躍を見せるのでしょうか。

ところで皆さん、イチローの本名をご存知ですか?

オリックス時代に仰木監督から登録名をイチローに変えられ15年以上たちましたが、野球ファン以外で本名とその漢字を書ける人は少ないかもしれません。

ということで、答えは「鈴木一朗」


ここから歴史の話になりますが、江戸時代以前は名前を呼ぶことはタブーでした。(いつの時代からはわかりませんが・・・)

武士を例にとると
木下藤吉郎秀吉は、木下が苗字、藤吉郎が(あざな)、秀吉が(いなみ)。

呼びかけ用の名前が字です。諱はめったに使わない、それを使って人を呼んではいけない(に近い)ものでした。
だから秀吉のことを当時は「木下」「藤吉郎」と呼び捨て、または様や殿をつけて呼び、「秀吉」と呼んではいませんでした。

それでいくと、江戸時代以前を題材にしたTV、映画、小説等で諱を使って呼んでいるのはおかしいのです。「頼朝」「信長」「家康」「兼続」などのように。
とは言っても、そんなことで目くじらを立てても仕方のないことで、一つの娯楽として楽しめばいいことだと思っています。


もし、江戸時代の人がタイムスリップして今の時代にやって来て、TVで「イチロー」と聞き、新聞で「イチロー」を目にすると腰を抜かすかもしれませんね。
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして

はじめまして!吉田彦九郎と申します。
このたびは私のブログへのご訪問、またコメントまでいただきありがとうございました。

「諱」知っておくと便利ですね。さらに号だとかなんだとか!
たくさん名前があって羨ましいな~ と思ったこともありましたが、今は平凡な名前で十分満足しています。

「鈴木一朗」 ほんとに平凡ですよね。でも平凡だからこそ、現在のの「イチロー」があるんですよね?


時間がありましたら”草莽の志士 吉田彦九郎”にぜひお立ち寄りください。
今後ともよろしくお願いします。

ありがとうございました。

よろしくお願いします

吉田彦九郎さん、こんにちは。

昔の人は、「字」「諱」「号」と一杯持っていますね。それが途中で変わる人もありで、時々わからなくなります。

小説等では著者が配慮して名前を統一して用いてくれるので、あまり混乱はないと思います。
しかし史料を読む場合は大変でしょね。(僕は専門に歴史を学んだ事がないので、読んだことがありませんが)

コメントありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード