秀才型天才

天才にもいろいろなタイプがあるようです。

「秀才型天才」とはどのようなものでしょう?


「ひふみん」と呼ばれている加藤一二三九段。僕はこれには違和感があります。

小学生から中学生の頃、将棋に熱を入れていました。当時は大山・中原の二強に加藤、米長、内藤などがしのぎを削っていました。
(僕は内藤国雄が大好きで、空中戦を真似しようとしていました)
その時の加藤一二三九段のイメージがあるので、TVのバラエティ番組に出ていたり、「ひふみん」と呼ばれることに違和感があります。僕にとっては将棋棋士であって、それ以外はあり得ないのです。

その加藤一二三九段が引退しました。

その引退会見の一部をTVで見ました。そこで今注目の藤井四段を「秀才型天才」と分析していました。棋譜を研究して、そう評しています。

加藤九段が「神武以来」と言われた天才で、その天才が天才を評したのです。

説得力がありますが、僕個人としては?マークがいくつかつきます。
残念ながら凡人には理解不能です(苦笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

たぶん加藤九段にとって「天才的天才」とは「自分」であり、

その目から見て藤井四段はシステマティックに合理的に戦術を身に着けてきた「秀才型天才」なんでしょうね。

加藤九段にとっては自分をAとすると「Aマイナス」という評価なんだろうと思います。

納得

ポール・ブリッツさん、こんにちは。

なるほど、そういうことですね。


ところで、◯◯型天才というのは何種類あるんでしょうね?
天才型天才、秀才型天才、そして・・・
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード