東京藝大 第1弾

東京藝大ウインドオーケストラのCDが3枚出ています。そのうち2枚持っていますが、感想を一言でいうと

無茶苦茶うまい

これにつきますね。
下手にだらだらと書かず、写真をつけて「以上、おしまい」とした方がいいように思います(笑)

日本の吹奏楽団のCDをそれなりに持っていますが、群を抜いてうまいと感じさせられたのは、今回が初めてです。
たいがいが数回聞いて、あとは棚におさまり、必要があった時だけ取り出して聞くというパターンですが、この東京藝大の2枚は「聞きたいな」と思わせ、実際に何回も聞いています。

東京藝大vol 1

この写真は第1弾のCDで、アルフレッド・リードクロード・トーマス・スミスの作品が収められています。

技術的にうまいだけではありません。それだけだったら何回も聞きたいとはおもいません。合奏の質や表現力の高さもすごい、それらを含めた音楽性が高いんですね。(ありきたりな言い方ですが)

収録曲は
<アルフレッド・リード>
 1. 序曲「春の猟犬」
  2. アーデン森のロザリンド
  3. エルサレム讃歌
  4. 主よ人の望みの喜びよ/ヨハン・セバスティアン・バッハ
<クロード・トーマス・スミス>
  5. 華麗なる舞曲
  6. ルイ・ブルジョアの讃美歌による変奏曲
  7. フェスティヴァル・ヴァリエーション
です。

「春の猟犬」は大好きな曲。「アーデン森のロザリンド」は初めて聞く曲でしたが、いっぺんに気に入りました。「エルサレム讃歌」もいい曲です。
「主よ人の望みの喜びよ」はリードの編曲によるものです。僕が所属する吹奏楽団で演奏したことがあります。懐かしさとこんな演奏ができたらいいなという羨望とがあります。

リードは大好きな作曲家でよく聞きますが、スミスはほとんど聞きません。しかし、このCDで見直しました。結構いいです。そのことを感じさせてくれたこともこのCDの副産物でした。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード