新大統領への偏向報道

1月20日にアメリカ大統領就任式がありました。

ドナルド・トランプに対する偏向報道が、共和党代表を決める選挙戦の時からありましたが、今もまだ続いていますね。

アメリカのTVは、支持政党を明確にして報道しています。公正中立を建前としている日本のTV業界とはえらい違いです。
CNNをはじめリベラル路線をとっているマスコミは、ずっとトランプを批判し、彼に不利になるような報道を続けています。
日本のマスコミは、これを無批判に受け入れて、その路線にそって報道しています。だから日本人の多くは、大統領選においてヒラリー・クリントンが勝利すると思っていた人が大半でした。

アメリカの大手メディアからの情報を無批判に受け取って、ニュースを日本国民に垂れ流して日本のマスコミは反省すべきです。

しかし、変わっていませんね。
トランプ報道は、相変わらず偏っているようです。


たとえば、大統領就任式当日の抗議デモは毎回あるようで、オバマの時もあったと聞きます。ただ大量の金をつぎ込んで、抑え込んだそうです。
オバマの就任式の時の抗議デモのニュースは日本でありましたか?
毎回、就任式の日にデモがあったことをご存知ですか?
日本のマスコミは報道しないでしょ。そして、今回のことは大々的に報道するでしょ。



僕は、トランプ大統領がどういう風に動いていき、日本や世界にどう影響を及ぼすかを冷静に見ていきたい。

距離を置いて、感情に動かされずに、じっと観察していきたい。と考えています。

だから、報道に偏りがあると困のです。





今後のトランプ関連のニュースは、いろんな媒体にあたって吟味するのがベターな方法か・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

指標にするには

一番評価に値する指標は、為替相場と株価、債券相場、石油相場の動きでしょう。
今の処、これらは平穏に推移しているようです。
失業率、購買指数、その他経済指標が示す評価によって変わる筈。
まあ、目先じゃなくて長いスパンでの評価が必要だと思いますが(笑)。
私は全て選挙前日に本邦長期個人国債と銀行定期に乗り換えて、利を追う事をやめております。
もう、何が起こっても不思議じゃない世の中ですからねぇ。

No title

MKさん、こんにちは。

返信が遅くなって申し訳ありません。平日はPCを開ける時間的余裕がぜんぜんなくて・・・

「為替相場と株価、債券相場、石油相場の動き」ですか、なるほど。全く考えていなかったですね。

表面の言動やマスコミの偏向報道には惑わされないようにしたいと思います。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード