権謀の人

司馬遼太郎「夏草の賦」より

長曾我部元親が土佐を制し、隣国へ食指を伸ばしているころ
「蛇のように執念ぶかく、きつねのようにずるく、虎のようにむごい」(P210)
と言われていたようです。

司馬さんはこんなことを書いています。

元親は、権謀者である

権謀者にとって全世界の人間は利用されるために存在している。それが悪徳である、という思想は東洋にない。
むしろ人を利用するにしても私心をわすれ、誠心誠意利用すれば薄情な善人よりも多くの人を感動させる、という思想は東洋にある」(P206)

ほ~、そんな思想があるのか?!
ですね。びっくりしました。

ちなみに一般の日本人は、騙す人が悪いと考えますが、中国人は騙される方が悪い、と考えるそうです。
そう、考えると驚くことはないかもしれません。


もう一つ

「余談ながら、信長の外交は、つねに権略である
うそ、だまし、すかしが外交の基調であり、信義ではない。

うそは、誠実につかねばならないだまそうとする場合、誠心誠意だまさねば ― 必要なら相手と心中するほどの覚悟でだまさねばだませるものではないことも、信長は知っていた」(P303)

この後、具体例として対武田信玄外交と対上杉謙信外交のことが書いてあります。


これって戦国時代の外交はこうであった、と終わらせてはいけないような気がします。
まさに、今の日本外交もこういう思考が必要なのかもしれません。外国が日本を誠心誠意騙しにくるかもしれないので。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード